ものづくりニュース by aperza

たった13万円で買える!本格的な卓上型アームロボット

たった13万円で買える!本格的な卓上型アームロボット

産業用ロボットを導入して使ってみたいが、価格が高いし、どんな風に操作すればいいか分からない。。。

こんな悩みはよく聞く話ですが、それだったらいっそのこと、超初心者向けアームロボットを使い、どんな動きをするのか、何ができるのか、どう操作すればいいのかを試してみたらどうですか?

と思っていたら、まさにピッタリなアーム型ロボットを発見しました。

中国・Yuejiangの「Dobot」シリーズ

4軸アームロボット「Dobot Magician」
スクリーンショット 2017-03-23 午後2.29.20

卓上において使える可搬重量500グラムの超小型ロボット。1199ドル(約13万円)でダイレクトティーチングにも対応している優れものです。

エンドポイントを入れ替えれば、3Dプリンタのように使えたり、
スクリーンショット 2017-03-23 午後2.25.55

おかし作りでクリームのデコレーションに使ったり、
スクリーンショット 2017-03-23 午後2.26.25

絵を描いたり
スクリーンショット 2017-03-23 午後2.27.54

レーザー加工もできたりします。
スクリーンショット 2017-03-23 午後2.28.07

いまでこそスイスイと乗りこなせる自転車ですが、初めはバランスが取れずグラグラしたり、転んだり、乗れるまでは苦労したものです。

最近はペダルのない自転車にまたがる小さな子供の姿をよく見かけます。

彼らはペダルなし自転車でバランス感覚を身につけているので、補助輪のない自転車にステップアップする時もスムーズに行くんだろうなーなんて思ったりします。

 

いきなり本格的なロボットを入れることはハードルが高いと感じている、または入れても使いこなせずに終わりそうだと感じるのであれば、まずはこうした小さなロボットで自分で試してみて、どの工程のどの作業にロボットが適しているかを考えるのが第一歩かもしれませんね。

参考:Yuejiang(Shenzhen Yuejiang Technology Co. Ltd)
参考:ユニポス


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイトで編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ