ものづくりニュース by aperza

これから製造業で働く新入社員にオススメする一冊 第0回ものニュー編集長

これから製造業で働く新入社員にオススメする一冊 第0回ものニュー編集長

 ものづくりニュースでは、これから製造業の世界に飛び込んでくる新入社員と、すでに働いている若い技術者の皆さんに向けて、製造業の先輩たちからの「これから一緒に頑張っていく人にオススメする一冊」という企画を4月にスタートします。

そこで今回は、本格スタート前の前座、第0回として、ワタクシものづくりニュース編集長の剱持知久からの「オススメの一冊」をご紹介します。

「社員心得帖」

著者:松下幸之助 出版:PHP文庫

社員心得帖 (PHP文庫)
社員心得帖 (PHP文庫)

posted with amazlet at 17.02.28
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 5,394

著者の松下幸之助は、言わずと知れたパナソニックの創業者にして一代で世界的企業に育て上げ、「経営の神様」とも言われた人です。人づくりや社会問題にも大きな関心を寄せ、単なる一経営者に留まらない活躍をされました。

大企業の経営者の身でありながら日本全国の「まちの電器屋さん」を訪ね歩いて現場の声を聞き、最盛期の1980年代には2万6000店を超える系列店ネットワークを作り上げました。さらに、家電商品を売るだけではなく、お客様と密着してお困りごとを解決する電器屋さん特有の手厚いサービスビジネスを構築し、自社の社員だけでなく、多くの取引先や販売店、お客様を魅了し、愛され、尊敬されました。

そんな松下幸之助が、組織に生きる社会人の心得を示したのが、この「社員心得帖」です。新入社員、中堅社員、幹部社員の各ステージにおける心がまえを説明した内容となっています。

 

私は自己啓発書が好きではないのですが、ビジネスの成功者であり、何百何千万人という人に大きな影響を与えた「経営の神様」松下幸之助が、社会人に対してどのようなメッセージを発しているのかに興味があって10数年前に手に取って以来、迷った時に基本に立ち返るための大切な一冊です。

全体を通じて、社会人に高いレベルでの自己への厳しさや清廉潔白さ、素直さを求めつつ、根底に流れる慈愛や優しさが所々からにじみ出ており、読み返すごとに「そうだったなー。もう一度頑張ろう」という気持ちにさせてくれます。
 
発行元のPHP研究所による解説では、

五月に一挙に六冊文庫化された「心得帖シリーズ」の三作目である。本書はタイトルどおり、企業に身を置き、一社員として働くことの意義を、新入社員、中堅社員、幹部社員に向けて説いたものである。

しかし、読者の中には違和感を持つ人があるだろう。なぜなら、松下幸之助自身は、丁稚奉公と電灯会社に勤めたわずかな期間以外は、常に経営者として社員を遣ってきた立場の人物だからだ。

ところが本書で述べられている、それぞれに経験の異なる“社員としての心構え”の根底にあるのは、松下電器を大きくするための要求ではない。企業で働くことを通して、ビジネスマンとしての、いや人間としての幸せと成功を感得するには、こう考えたらいい、こういう生き方がよいということを説いているのである。

今、若者は働き甲斐を見出せず、中堅・幹部はリストラを恐れている。社員として働くとはどういうことか、いま一度、原点に返って考えてみるのに絶好の一冊である

としています。

初版は2001年なので15年以上も前の本ですが、本質を突いているのでまったく色あせることなく、若い人にも参考になると思います。戦後という未曽有の大混乱期を生き浮き、事業を大きく成長させた松下幸之助の考え方は、時代は変われど、変革期を迎えている今に通じるものが必ずあります。

Amazonのレビューでも
「定期的に自分を振り返るときの鏡のような本」
「反感を感じる人もいるかもしれないが、 会社員として縦や横との関係を強化する上で効果的なのは確か。」
「新社会人は是非ご一読あれ。」

など評価は高め。

ぜひ一度読んでみて下さいね。

目次(抜粋)

第1章 新入社員の心得
・運命と観ずる覚悟を
・無理解な上司、先輩
・仕事の味を知る
・“会社は公器”の自覚を

第2章 中堅社員の心得
・夢見るほどに愛する
・知識にとらわれない
・スランプと入社時の感激
・すぐれた人を生かす協力を

第3章 幹部社員の心得
・“私の責任”です
・人を育てる要諦
・失敗したときに出る真価
・好きになる

参考:Googleプレビューから試読ができます
参考:PHP研究所、社員心得帖

社員心得帖 (PHP文庫)
社員心得帖 (PHP文庫)

posted with amazlet at 17.02.28
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 5,394

オススメの一冊を大募集中!

ぜひ読者のみなさまもご参加ください! 投稿いただいた方には、ものづくりニュースオリジナルステッカーを差し上げます!

以下のフォームに必要な情報をご記入のうえ「送信」ボタンを押してください。
※の入力項目は必須項目となります。

応募情報

ご応募情報は、「ものづくりニュース。」内でご紹介(公開)させていただく可能性があります。

 

オススメするテーマをお選びください

上記のテーマに関わる、または取り組む方に向けてメッセージをお願いします!

 

オススメの一冊(タイトル、著者名)を教えてください

オススメの理由やエピソードについて教えてください

 

お客様情報

ペンネーム

性別

年齢

業種

職種

上記でご回答いただいた職種に携わられている年数を教えてください

メールアドレス

メールアドレス(確認用)

 

「ものづくりニュース。」オリジナルステッカーをプレゼント!

ご希望の方は以下にチェックをいれてください。
追って、上記でご入力いただいたメールアドレス宛に、ステッカー送付先確認のご連絡を差し上げます。

MN

ご応募に際しては、「プライバシーポリシー」をお読みいただき、同意のうえ送信いただきますようお願いいたします。

 


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ