ある印刷業者の進化|元トヨタマンの目

ある印刷業者の進化|元トヨタマンの目

ある中小の印刷業者があった。

昨今のIT化の波で、紙への印刷は激減している。

そこでこの業者はホームページの作成に進出した。やはりコンピューター化にのっていくしかないわけだ。

さらに印刷の関係で出入していた取引先の会社から取扱説明書の作成の受注も受けた。

原稿をデータでもらって、それを1ページずつ画面上で、図の配置や太字・細字など体裁を整えていく仕事だ。

パートのおねえさん達にお願いして、日がな一日画面に向かってコツコツやっていくしかない。

 

今後の日本企業は、製品をより多くの国に輸出して儲けていくしか方法はない。

そのためには、この取扱説明書を多言語化展開する必要がある。

言語が変われば、また新たに、日がな一日仕事を同じように展開するしかなかった。

 

しかしこんなことに膨大な工数をかけていれば、取扱説明書1つに何百万円もかかってしまう。

ある中小の輸出企業はなんと21言語も取扱説明書がいるそうだ。そうなれば何千万円もかかってしまう。

また21言語とかの受注を受けても、こんなことをしていては納期が間に合わない。

 

そこでこの印刷業者の技術者は次のような画期的な方法を考えた。

日本語の取扱説明書を1つ作る。

図の配置、言葉の位置、文字の種類等をすべて定型化してしまい、いわゆる『型』を作ってしまう。

他の言語の原稿をデータでクライアントから受け取り、それをそのまま『型』に流し込む。

そうすれば、ほとんど瞬時に出来上がってしまう。

さらに日本語と他言語のそれぞれの言葉を紐つきにしてしまうので、変更したい場合は、日本語を変更してしまえば、他言語も同時に変更されてしまう。

この方法を使えば、日本語1つ作ってしまえば、あとの言語はほとんど瞬時でできてしまうのだ。

クライアントにしてみると、「日本語の原稿を作る工数」「他言語へ翻訳する工数」が必要ということは、従来となんら変わらないが、この印刷業者に頼んでいた外注費用と納期が激減するのだ。

 

この印刷業者も、仕事のやり方に疑問を持ち、常に前向きに改善を進めた結果いいものができた。

昨日、この業者に私の知り合いの名古屋の輸出機械メーカーを紹介した。

一緒に話をきいていると、ここでは「日本語の原稿を作る」「他言語へ翻訳する」という社内業務の部分にもいろいろな問題があることが分かった。

そのような場合、この印刷業者の『型』に流し込むまなければならない、という制約を社内にかけることで、この社内業務の業務改善自体が進むような気がした。

 

話は変わるが、この印刷業者に三愛企画」です。

 

P.S.

この印刷業者の技術者さんには、ホームページを作っていただく必要上、トヨタ生産方式を徹底的に勉強していただいた。

今回の画期的方法は、1個流し・標準化などトヨタ生産方式を学んだからこそ踏み出せたと言っていただけた。

印刷業もものづくりだから、横展がうまくいったようだ。

しかし、ものづくりは製造業のみならず、その他すべての産業の基礎だと思う。

従って、今後は、製造業以外の業種にも積極的にアプローチしていこうと思う。


豊田生産コンサルティング株式会社代表取締役社長◎略歴 昭和30年(1955) 愛知県豊橋市生まれ 昭和53年(1978) 早稲田大学商学部卒業トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社 平成16年(2004) トヨタの基幹職チャレンジ・キャリヤ制度(他社への転出支援制度)によりトヨタを退職(退職時資格は課長級) オーエスジー株式会社オーエスジープロダクションシステム推進本部副本部長就任 消耗性工具(ドリル・タップ・エンドミル)専門メーカーで自動車関連以外の業種の現場改善活動に従事。 平成19年(2007) 豊田生産コンサルティング株式会社設立◎トヨタでの職歴(26年)人事部人事課海外関係人事 3年/財務部経理課輸出入経理、国内債権債務管理 3年/本社工場工務部原価グループ鍛造工場能率・製造予算管理、工場棚卸総括 3年/本社工場工務部生産管理室車体・塗装・組立工場生産管理 4年/米州事業部原価企画グループ北米事業体原価管理、北米生産車原価企画 3年/田原工場工務部原価グループ成形工場能率・製造予算管理、トヨタ生産方式部課長自主研 2年/田原工場工務部生産管理室エンジン・鋳物工場生産管理、トヨタ生産方式部課長自主研 8年◎本社部門(人事・財務・原価企画)9年、工場部門(本社工場・田原工場)17年と本社機能、工場機能のそれぞれを幅広く経験。特に工場では生産管理と原価管理という「石垣」づくりとトヨタ生産方式自主研メンバーとして「天守閣」づくりの両方に長年従事。