ものづくりニュース by aperza

あの鉄腕アトムがついに現実に!ATOMプロジェクトが始動

あの鉄腕アトムがついに現実に!ATOMプロジェクトが始動

講談社と、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOの5社は、“日本を代表するロボット・キャラクター”「鉄腕アトム」を目指し、「ATOMプロジェクト」を開始。プロジェクト第1弾として、コミュニケーション・ロボット「ATOM」を組み上げていく『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』を発売する。

atom unnamed (4)

プロジェクト第一弾となる『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』では、手塚プロダクション監修により、鉄腕アトムを元にモデリングを行ったロボット=ATOMをユーザーが組み上げるパートワークを今年4月4日より、発売する。コミュニケーション・ロボット「ATOM」は、世界的に有名なコミック&アニメ、手塚治虫の『鉄腕アトム』をモデルにした、発話し二足歩行しクラウドで成長する「日本初の進化する本格的なキャラクター型コミュニケーション・ロボット」。

・ロボティクスおよび、ロボットに搭載するOSとAIを富士ソフトが設計開発
・ATOM本体のAIはインターネット経由でNTTドコモの自然対話プラットフォームと接続
・クラウド上での「成長する会話力」をNTTドコモと講談社の共同開発で実現
・VAIOは、ATOM本体で使用している電気系統のメインボードなどの基板実装(製造)や「ATOM組み立て代行サービス」を担当
・会話のもとになるシナリオモデルの作成、出版コンテンツの開発、全体の企画、プロデュース、販売は講談社が担当

5社それぞれの強みを生かしてキャラクターロボット「ATOM」を作りあげ、まずパートワークとして創刊。「ATOM」を組み立て、完成させるユーザーやその家族のために、コミュニケーション・ロボット「ATOM」は、2018年9月、完成・誕生する予定となっている。

22_00-2

※これに先駆け、20日から行われたドイツのCeBitで、世界で初公開された。

参考:NTTドコモ、アトムがわが家にやってくる!-2017年2月22日(水曜)、「ATOMプロジェクト」始動!講談社、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOは「日本初の本格的キャラクターロボット・ATOM」の開発プロジェクトをスタートします-


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ