【2017国際ロボット展】デモ②ABBの新型アーム。狭い空間設置にも

【2017国際ロボット展】デモ②ABBの新型アーム。狭い空間設置にも

11月29日から12月2日まで東京ビッグサイトで行われた国際ロボット展。会場で出ていたデモ紹介の第2弾は、

ABBの新型アームが登場

単腕だから狭い場所への設置にも最適

top:40px; padding:50% 0; text-align:center; width:100%;”>

to -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

#abb の新型#協働ロボット #yumi の片腕バージョンが新登場。床置き、壁掛け、天吊もできる。見事な協調動作だね #国際ロボット展 #ものづくりニュース #製造業愛 #robot #irex

tom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;”>ものづくりニュース編集部さん(@monozukuri_news)がシェアした投稿 –

双腕型協働ロボットYuMiが好調なABB。今回はYuMiの新型となる単腕型が新登場!
デモは小さなブースのなかに双腕と単腕2本を組み合わせたものでしたが、スピード感ある動きと狭い場所でもお互いがぶつからないというのはいいですね。
協働ロボットというと人と並べて使うことをイメージしがちですが、あくまで可搬重量の小さな小型ロボットとして捉えると、小さなブースで作業を集約できるというのは良いデモですね。

※ものづくりニュースインスタグラムには、国際ロボット展で撮影した動画や画像を多数掲載!こちらもご覧ください
■ものづくりニュースインスタグラムはこちら

■参考 ABB


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。趣味は釣りとダーツ。