ものづくりニュース by aperza

『プロデュース能力』遂に出会えた

『プロデュース能力』遂に出会えた

8月に定年退職した会社では人材育成を担当していた。

そこで何年も言われていたのが、「プロデューサー人材」が必要であるということだった。

その要求は年ごとに高まっていたと思う。

 

しかし、プロデューサーの定義も不明確なまま、育成策が見いだせずに(私としては)終わった。

独立してからも、プロデューサー人材の育成にはこだわり続けた。

いくら高い技術を持っていても、一人では世の中の複雑な問題解決はできない。

 

問題の本質をとらえ、複数の解決策の組み合わせで解決に導く能力を持ったプロデューサーが必要であることは疑うべくもない。

そのような人材の育成に対するニーズはかなり多いのではないか。

遂に見つけたのが、この本である。

 

何と2008年に出ている。

佐々木直彦著『プロデュース能力 ビジョンを形にする問題解決の思考と行動』(日本能率協会マネジメントセンター)

私が購入したのは2013年2月に発行された第8刷である。

 

購入したのは八重洲ブックセンターである。

やはり、関心のある人は多いのだろう。

最初に出てきたのは、次の文章である。まさに私が求めていた定義である。

 

プロデュースとは
一つのビジョンのもとに、
人々の力を借りて「新しい何か」を創り出し、
現状を変えること

 

プロデューサ人材は、ビジョンを持たなければならず、それをもって人の力を借りなければならない。

それができるためにはどうするか。

ここで重要なのが、「プロデュース思考」である。

 

これは、従来行われてきた「合理的問題解決思考」と対比させて示されている。

私がなるほどと思った両者の違いは、判断基準である。

すなわち、プロデュース思考では、その気になるかならないか、やってみるかやめておくか、が判断基準であるのに対し、合理的問題解決思考では、正しいか正しくないか、可能か不可能かが判断基準となる。

 

もう一つの対比としてゴールがある。

プロデュース思考のゴールは予期せぬ成果であるのに対し、合理的問題解決思考では予期される成果である。

技術進歩が速い一方で複雑な世の中の問題解決に必要なのがプロデュース思考であることがよくわかる。

 

プロデュース思考の鍵になる7つの質問がある。

 

(1)ビジョンは何か(自分は何をやりたいのか)
(2)なぜそのビジョンなのか(なぜ、それをやりたいのか)
(3)コアテーマは何か(突破口を開く鍵となるアイディアは何か)
(4)自分に何ができるか(自分の果たす役割は何か)
(5)誰に何をやってもらうか(誰にどんな役割を担ってもらうか)
(6)大義名分は何か(なぜこのプロデュースが必要か)
(7)付加価値は何か(どのような波及効果が生まれるか)

 

これらを理解するために、いくつかのCASEのストーリーが記述されている。

これらがとても面白い。

 

さて、本書を参考にプロデューサー人材育成のカリキュラムを作るとしたらどうなるか。

それをプロデュースしてみたい。

本書は、私の教科書として役立てたいと思う。

 

※2013年12月に書かれた記事です。


1948年東京生まれ 石田厚子技術士事務所代表 東京電機大学情報環境学部特別専任教授 技術士(情報工学部門) 工学博士 ◎東京大学理学部数学科卒業後、日立製作所入社。コンパイラ作成のための治工具の開発からキャリアを始める。 5年後に日立を退職し、その後14年間に5回の転職を繰り返しながら、SEなどの経験を通じてITのスキルを身に着ける。その間、33歳で技術士(情報工学部門)取得  ◎1991年、ソフトウエア開発の生産性向上技術の必要性を訴えて日立製作所に経験者採用。生産技術の開発者、コンサルタントとして国内外にサービスを提供  ◎1999年 企画部門に異動し、ビジネス企画、経営品質、人材育成を担当。57歳で「高い顧客満足を得る商品開発への影響要因とその制御」論文で工学博士取得  ◎2007〜13年、日立コンサルティングでコンサルタント育成に従事。「技術者の市場価値を高める」ことを目的とした研修を社外に実施  ◎2013年 65歳で日立コンサルティングを定年退職し、石田厚子技術士事務所を開業。技術者の市場価値を高めるためのコンサルティングと研修を実施  ◎2014年 東京電機大学情報環境学部の特別専任教授に就任