ものづくりニュース by aperza

『システムからの発想』6.ムダとムリの意味

『システムからの発想』6.ムダとムリの意味

※当コンテンツは『面白狩り』の提供でお届けいたします。

 

スクリーンショット 2017-03-17 12.19.49

やれやれ、チョコレートサンデーさえあれば幸せになれるとは安いもんだ。

スクリーンショット 2017-03-21 9.39.25

そういうのが代わりの案「代替案」てことさ。

でもぬいぐるみはお誕生日まで待っていなさい。

一つにしなさい! 一つに!

 

とりあえず、今はチロルチョコでも食べてなさい。

スクリーンショット 2017-03-21 9.40.03

おっと、 「ムリ」って言ったね?

どうして「ムリ」なのかな?

そのとおり!

 

つまり波ちゃんを幸せにするという目的に対してチロルチョコ1個という手段が小さすぎるんです。

目的と手段とを比べて、手段が小さい場合を「ムリ」と言います。

反対に、目的と手段を比べて、手段が大きすぎる場合が「ムダ」です。

 

例えばシャネルのトートバッグをあげるって言ったら大満足でしょう。

スクリーンショット 2017-03-21 9.40.32

そう。
 
悪いけど、 波ちゃんを幸せにするのに、シャネルをプレゼントするのは 「ムダ」というものなんです。

で、どうだろう。
 
ご要望のチョレートサンデーで手を打たないかな?

 

というわけで、目的と手段のバランスを取ることを「最適化」と言います。

ちなみに、ムダとムリが混在する状態を「ムラ」と言います。

スクリーンショット 2017-03-17 12.26.18

みなさんの職場でもよく「ムダ・ムリ・ムラをなくそう」って言うでしょう。

それは、仕事や行動の目的と手段を見直して、最適化を図りましょうっていう意味なんです。

覚えておいてね。

 

出典:『システムからの発想』面白狩り(おもしろがり)

 


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。