「UPC-A/E」とは

「UPC-A/E」とは

UPC

「UPC」は、1973年にUCC(Uniform Product Code Council Inc.)が開発した米国の共通商品バーコードシンボルである。また、UPC/EANシンボルは、2000年にISO/IEC15420として国際規格となり、2004年にJIS-X-0507になっている。

UPC-A

「UPC-A」は、標準型で、ナンバーシステムキャラクタ1桁、メーカーコード5桁、アイテムコード5桁、チェックデジット1桁の12桁で構成されている。ナンバーシステムキャラクタは、製品の種別を表すもので、“0, 6, 7”は、食品雑貨などのソースマーキング商品、“2”は、肉などの重さが一定でない不定貫商品である。また、“3”は、ナショナルドラッグコードと健康関連商品コードに使用され、連邦食品医薬局FDAが付番する4桁または5桁の管理コードである。“4”は、ソースマーキングできない一般商品に使用され、“5”は、クーポンに使用されている。

UPC-E

「UPC-E」は、UPC-Aのメーカーコード5桁とアイテムコード5桁をゼロ抑制(Zero Suppression)することにより、6桁に縮めた圧縮タイプである。ナンバーシステムキャラクタ1桁、データキャラクタ6桁、チェックデジット1桁の8桁で構成されている。しかし、ナンバーシステムキャラクタ“0”は自動的に付加され、チェックデジットは、シンボルキャラクタ(6桁)のパリティの組み合わせによって算出される。

 

「UPC-A」と「UPC-E」は、シンボルの右側に2桁または5桁のアドオンシンボルを付加することができる。

UPC-A

特長

      キャラクタ セットは、数字(0から9)です。
      シンボルキャラクタは、7モジュールで、スペースで始まる2本のバーと2本のスペースで構成されています。
      左から11モジュール以上のクワイエットゾーン、3モジュールのスタート コード、ナンバー システム キャラクタ、5データ キャラクタ、5モジュールのセンター バー、5データキャラクタ、1チェックデジット、3モジュールのストップ コード、7モジュール以上のクワイエットゾーンから構成されます。
      ナンバー システム キャラクタは、“0”は通常、“2”は肉など重さが一定でない物に対して小売り店単位で、作成、使用するのに用いられ、“3”は薬品、健康関連製品に用いられます。“4”は用途を限定しません。“5”はクーポンに用いられます。
      キャラクタ構成は、始めの1桁はナンバー システム キャラクタで、次の5桁は、メーカーコード、次の5桁は、アイテムコードです。そして、最後の1桁がチェックデジットです。
      スタート、ストップ コードともに、“101”です。
      自己チェック機能があります。
      チェックデジットはモジュロ10/ウエイト3を使用します。

 

寸法

    モジュール幅(X)は、UPC規格では、基本モジュールが0.33mmで、0.8倍から2倍まで認められています。
    クワイエット ゾーンは、左側11モジュール以上、右側で7モジュール以上必要です。
    ヒューマンリーダブル文字を含むシンボルの高さは、モジュール幅が0.33mmのとき、25.9mmで、この値は、倍率に比例します。

UPC-E

特長

    Zero SuppressionタイプのUPC-Eは、RegularタイプのUPC-Aを6桁に圧縮したものです。
    キャラクタ セットは、数字(0から9)です。
    コード タイプは、1つのキャラクタは7モジュールで、スペースで始まる2本のバーと2本のスペースで構成されます。
    左から7モジュール以上のクワイエットゾーン、3モジュールのスタート コード、6データ キャラクタ、6モジュールのストップ コード、7モジュール以上のクワイエットゾーンから構成されます。モジュール チェック キャラクタは、データ キャラクタのパリティーチェックの組み合わせで表現されます。
    スタート コードは“101”で、ストップ コードは“010101”です。
    自己チェック機能が有ります。

 

圧縮方法

    5桁のメーカーコード、5桁のアイテムコードから6桁に圧縮します。
    メーカーコードの下位3桁が、“000”、 “100”、 “200”の場合は、アイテムコードを“000”から“999”まで取ることができます。メーカーコードの上位2桁、アイテムコードの下位3桁、メーカーコードの上位3桁目が圧縮したコードとなります。

例 メーカーコード“abcde”、アイテムコード“fghij”。但し、“a”から“j”は“0”から“9”。かつ“c”は“0”、 “1”または“2”。かつ“d”、 “e”は“0”。この場合、圧縮したコードは、“abhijc”となります。

メーカーコードの下位3桁が、“300”、 “400”、 “500”、 “600”、 “700”、 “800”、 “900”の場合は、アイテムコードを”00”から”99”まで取ることができます。メーカーコードの上位3桁、アイテムコードの下位2桁に、“3”を付加したものが圧縮したコードとなります。

(例)メーカーコード“abcde”、アイテムコード“fghij”。但し、“a”から“j”は“0”から“9”。かつ“c”は“3”、 “4”、 “5”、 “6”、 “7”、 “8”または“9”。かつ“d”、 “e”は“0”。この場合、圧縮したコードは、“abcij3”となります。

メーカーコードの下位2桁が、“10”、 “20”、 “30”、 “40”、 “50”、 “60”、 “70”、 “80”、 “90”の場合は、アイテムコードを“0”から“9”まで取ることができます。メーカーコードの上位4桁、アイテムコードの下位1桁に、“4”を付加したものが圧縮したコードとなります。

(例)メーカーコード“abcde”、アイテムコード“fghij”。但し、“a”から“j”は“0”から“9”。かつ“d”は“1”、“2”、“3”、“4”、“5”、“6”、“7”、“8”または“9”。かつ“e”は“0”。この場合、圧縮したコードは、“abcdj4”となります。

メーカーコードの下位1桁が、“0”以外の場合は、アイテムコードを“5”から“9”まで取ることができます。メーカーコードの上位5桁、アイテムコードの下位1桁を加えたものが圧縮したコードとなります。

(例)メーカーコード“abcde”、アイテムコード“fghij”。但し、“a”から“j”は“0”から“9”。かつ“e”は“1”、“2”、“3”、“4”、“5”、“6”、“7”、“8”または“9”。かつ“j”は“5”から“9”。この場合、圧縮したコードは、“abcdej”となります。

 

寸法

    モジュール幅(X)は、0.33mmで、0.8倍から2倍まで認められています。
    クワイエットゾーンは、左側7モジュール以上、右側で7モジュール以上必要です。
    ヒューマンリーダブル文字を含むシンボルの高さは、モジュール幅が0.33mmのとき、25.9mmで、この値は、倍率に比例します。

 

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。