ものづくりニュース by aperza

「PDF417」とは

「PDF417」とは

PDF417とは

PDF417は、1989年にシンボルテクノロジー社(現、モトローラ社)によって開発されたマルチロー(スタック)型の二次元シンボルである。
スクリーンショット 2016-12-06 16.39.34

名称について

PDF417は、情報量を同じスタック型の二次元シンボルCode49の約30倍以上にし、ASCII文字や数字の他にバイナリーも情報化できるようにした。

最大情報量は英数字で1,850字、数字で2,725桁、バイナリーで1,108バイトの大容量シンボルを実現し、さらに大容量データを複数のシンボルに分割してエンコードするマクロPDF417も同時に発表した。

このように大容量データに対応したことから、ポータブルデータファイルの頭文字を取ってPDFと名付け、4バー4スペースの17モジュールというモジュール構成から、PDF417と名付けられている。

用途について

PDF417は、国際標準物流ラベルISO15394ではEDIデータの標準シンボルに採用されている。

また、出荷明細書、品質管理、生産指示、IDカード、免許証等情報を多く必要とする用途で広く使用されている。

米国では、電子郵便切手としても使用されている。

特長

  • 最大情報量は英数字1850字、数字2710桁、1108バイトと大きく、高密度に圧縮してコード化できる。またASCIIデータやバイナリデータがコード化できることから漢字、図形、画像、音声等もコード化できる。
  • シンボルは最小で3段、最大で90段からなる連続多段型(スタック型)で、各段はスタート/ストップパターン、左右の段インジケータ、ならびに1個から30個のシンボルキャラクタから構成される。
  • シンボルの段数、段の幅は可変で、段数は最小3段、最大90段、幅は最小1シンボルキャラクタ、最大30シンボルキャラクタの範囲で選択可能。このシンボルの縦横比を、シンボルアスペクトレシオ(比)という。
  • トランケーションモードでは、シンボルサイズを小さくするためにストップキャラクタを省略することができる。
  • 基本単位であるコードワードと呼ばれ、その総数は928個を超えることはできない。また、テキストは2文字で約1コードワード、バイナリデータは1バイトで約1コードワード、漢字等2バイト系文字は1文字で約2コードワード、数字3桁で約1コードワードに変換される。ただし、内部で複雑なコード変換を行っており、さらにモード変換コードワードも加えられているため、データ用コードワードの算出には余裕が必要。
  • 情報量の増加に伴い、エラー検出能力ばかりでなく、修正能力も重要となる。シミ、汚れ等が発生した場合でも確実に正しく読み取るためには、エラー修正能力が極めて重要で、PDF417ではシンボルキャラクタにエラー訂正コードワードを加えることができ、データの欠けや誤りを訂正することができる。最低2個のエラー訂正コードワードが必要で、最大510個まで追加することができる。これをセキュリティレベルといい、使用される環境に応じて0~8の9レベルから設定する。一般的な環境では、情報量の10%以上のエラー修正能力が必要。
  • 1個のシンボルキャラクタは、4個ずつのバー、およびスペースの配列されたモジュール17個で構成される。PDF417では929個のパターンが定義され、コードワード値を当てはめる。

寸法

  • 最小モジュール幅(X)は、USS-PDF417の規格では0.191mmである。
  • 最小モジュール高さは0.254mmであるが、一般的に3X以上を推奨。
  • クワイエットゾーンの最小値は上下左右共2Xである。

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。