ものづくりニュース by aperza

「MaxiCode」とは

「MaxiCode」とは

MaxiCodeとは

MaxiCodeは、1987年(昭和62年)に米国最大の宅配業者であるUPS社が、小荷物の管理と仕分け追跡のために開発したマトリックス型2次元シンボルである。

ほとんどのバーコードや2次元シンボルはリーダメーカ、プリンタメーカ、コンピュータメーカ等のメーカサイドによって開発されてきたが、このMaxiCodeは、ユーザが自社のために自ら開発した珍しいシンボルである。
スクリーンショット 2016-12-12 18.38.31

シンボルについて

MaxiCodeの目的は貨物の仕分や追跡のための高速読取であるために、それを実現するための徹底的な工夫がなされている。

まず、取得した画像データからMaxiCodeを素早く切り出すために、シンボルの真中に3重の同心円のファインダーパターンを配置している。

ファインダーパターンがシンボルの中心にあることにより、物流における汚れ等の障害を最小限に抑えると共に、ファインダーパターンが3個あるQR Codeにデータ領域が広くなっている。

シンボルの傾きを検知するために、3モジュールの方向決めパターンが6箇所に配置されている。

さらに、他の2次元シンボルはデータ量によってシンボルサイズが変化するが、MaxiCodeではあえてシンボルのサイズを33段×30モジュールに固定化することによってデコード時間を短縮させている。

また、物流では大きなデータを扱うことがないため、最大データ量を抑えることにより、更にデコード時間を短縮させている。

用途について

国際標準輸送ラベルISO15394、AIAG(米国自動車工業会)、全日本トラック協会では、仕分用シンボルとして採用されている。

特長

  • 従来のマトリックスコードは正方形のセルであるのに対し、MaxiCodeは6角形のセル(MaxiCodeではモジュールという)を使用する。そして、縦3個と横2個、計6個のモジュールで一つのコードワードを構成する。また、シンボルの傾きを検知するために、3モジュールの方向決めパターンが6箇所に配置されている。
  • データとエラー訂正コードの領域は884モジュールで、これは144コードワードに相当する。最初の120モジュール(20コードワード)は、1次メッセージといい、ここには荷物ID番号や荷主コード、行先コード、サービス区分等の基本データがエンコードされる。その後の744モジュール(124コードワード)は2次メッセージといい、注文番号や納品番号等のお客情報をエンコードする。
  • 情報は数字モードとASCII値(0~127)モード、拡張ASCII値(128~255)モードの3種でコード化可能。1文字は1、または2コードワードで表し、連続する数字は9桁が6コードワードに圧縮される。したがって、最大の情報量は英数字で93字、数字で138桁となる。
  • 誤り訂正はリードソロモンを採用し、誤り訂正率50%の拡張エラー訂正(ECC)と誤り訂正率25%の標準エラー訂正(SEC)の2種類が用意されている。1次メッセージは常に拡張エラー訂正(50%)を使用し、2次メッセージは拡張エラー訂正と標準エラー訂正のいずれかを選択できるようになっている。拡張エラー訂正を使用した場合の最大情報量は77コードワード(英数字)、標準エラー訂正を使用して場合の最大情報量は93コードワード(英数字)。

モード

シンボル内のデータ、およびエラー訂正の構造を定義するために、0~6のモードが用意されている。

  • モード0は、現在使用されていない。代わりにモード2とモード3が使用されている。
  • モード1は、現在使用されていない。代わりにモード4が使用されている。
  • モード2と3は、構造化キャリアメッセージに使用される。これは運輸業界向けに設計されており、送り先の住所と運輸業者によって定義されるサービスのクラスをコード化する。最初の120ビットは拡張エラー訂正(EEC)を付加した構造化キャリアメッセージに使用され、シンボルの残りの部分は標準エラー訂正(SEC)を使用して他の用途に自由に使用できる。
  • 一次メッセージは3桁(10ビット)のサービスクラス、3桁(10ビット)のISO国コード、そして36ビットが郵便番号に使用される。モード2の場合の郵便番号は、最初の6ビットが郵便番号桁数をコード化し、残りの30ビットが郵便番号をコード化する。モード3の場合は印刷可能なコードセットAのサブセットから最大6個のキャラクタをコード化する。ただし、郵便番号が数値の場合はモード2を使用し、英数字の場合はモード3を使用する。
  • モード4は、標準シンボルに使用される。一次メッセージに拡張エラー訂正(EEC)を使用し、二次メッセージに標準エラー訂正(SEC)を使用する。このモードでは、93コードワードが使用できる。
  • モード5は、一次と二次の両方に拡張エラー訂正(EEC)を使用する。このモードでは、73コードワードが使用できる。
  • モード6は、リーダをプログラムするために使用される。二次メッセージには、標準エラー訂正(SEC)が使用される。また、このモードでは読んだデータは送信されない。

寸法

  • モジュールサイズは、1.02±0.12mm(X)×0.88mm±0.12mm(V)。
  • クワイエットゾーンを含むシンボル全体の基準サイズは、横が28.16mm、高さが26.86mm。そして、26.48×25.32mmから29.79×28.49mmの範囲になければならない。
  • クワイエットゾーンは、左右が0.88mm以上、上下が0.76mm以上必要。

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。