ものづくりニュース by aperza

「Code128」とは

「Code128」とは

Code128とは

Code128とは、コンピュータ アイデンティクス社が、1981年にパソコンの入力対応という要望のため開発したバーコードシンボルで、アスキーコードの128キャラクタを表現できる。

Code128の名前は、このキャラクタ数を由来にしている。3種類のスタートコードが用意されており、スタートコードによって表すキャラクタセットが異なっている。これにより128種類のキャラクタを効率良くコード化できる。

情報化密度が高く信頼性も高いことから、1989年に欧州EAN協会と米国コードセンター(UCC)(現GS1)は、Code128をベースに共通商品コードの補足コードとしてUCC/EAN-128(GS1-128に改名)を開発し、EANやUPCと供に代表的な標準流通シンボルになっている。日本では、1996年にJIS-X-0504として規格化され、2000年にISO/IEC15417に規格化された。

また、Code128は、高い情報化密度から流通分野ばかりでなく、産業分野でもCode39に代わって広く使用されるようになってきた。

Code128

特長

  • キャラクタ セットは、ASCII 128文字すべて、4種類のファンクション キャラクタ(FNC1からFNC4)、4種類のコードセット選択キャラクタ(A、B、C、Shift)、3種類のスタートキャラクタ(A、B、C)、1種類のストップ コードです。
  • シンボルキャラクタは、13モジュールで、バーで始まる3本のバーと3本のスペースで構成されています。多値幅型(n,k型)、連続続型シンボルにより情報化密度が高い。
  • スタートキャラクタは、A、B、Cの3つですが、それにより、キャラクタ セットが異なります。
  • ストップキャラクタは、13モジュールで、1種類です。
  • 自己チェック機能が有ります。
  • チェックデジットは、モジュロ103を使用します。

寸法

  • モジュール幅(X)はUSS-CODE128の規格によると0.191mmです。
  • クワイエットゾーンの最小値は、10Xまたは2.54mmの大きいほうの値で、手動走査の場合は6.35mm以上が好ましいとされています。
  • モジュールの高さの最小値は、5mmまたはシンボル全長の15%の大きい値です。

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。