ものづくりニュース by aperza

「1日修理」のサポート力でマザーファクトリーを目指す――NEC PC ...

「1日修理」のサポート力でマザーファクトリーを目指す――NEC PC 群馬事業場

製品の差別化は「性能」や「機能」だけでは決まらない――。

工場内修理を1日で完了させる“1日修理”を目標に効率化を進め、PCが使えなくて困る時間(ダウンタイム)を短縮し、顧客満足度向上を目指す、NECパーソナルコンピュータ 群馬事業場の取り組みを紹介しよう。

btn_document

要約

かつて「PC-9801」などのデスクトップPCの開発生産拠点として機能していたNECパーソナルコンピュータ群馬事業場は、現在、保守サービスサポート拠点として、NEC/レノボ製品の修理センターとコールセンターを備え、高品質な修理サポートを提供している。工場内では、上記修理サポート業務の他、NEC製PCのリユース、NEC製品のマザーボード修理の内製化、そして保守に必要な修理部品の調達・保管なども行っている。

もともとPCの生産拠点だったこともあり、豊富な知識・スキルを持ったスタッフが多数在籍しており、高い保守サービスレベルを維持。顧客第一の活動を実践し、サポートサービス拠点のマザーファクトリーを目指しているという。今回は、レノボ製PCの修理サポート業務開始を受けて開催された工場見学会の模様をお届けする。

※本資料はTechFactoryの記事をまとめたブックレットです。

btn_document

ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。