「第五回 現場川柳」の優秀賞&見ル野賞をご紹介!少数精鋭の現場の実態と...

「第五回 現場川柳」の優秀賞&見ル野賞をご紹介!少数精鋭の現場の実態とは!?

「現場川柳」とは、産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー株式会社が10月3日の「センサの日」を記念して、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業など、あらゆる“現場”にまつわる川柳を募集するという企画。
2018年の10月から12月にかけて募集した「第5回 現場川柳」の受賞作品が決定しました。

ここでは「優秀賞」と、特別選考委員で元エンジニア漫画家の見ル野栄司(みるの えいじ)さんが選んだ「見ル野賞」を紹介します。


 

【優秀賞】受賞作品
三人の 現場でドンと 呼ばれてる (ちゅんすけ さん)
優秀賞_01

 


 

【優秀賞】受賞作品
新人が 専門用語 Siriに聞く (なし郎 さん)
優秀賞_02

 


 

【優秀賞】受賞作品
ミクロまで 精度求める DIY (ゆうくん さん)
優秀賞_03

 


 

【見ル野賞】受賞作品
帰らない 上司のあの目は 飲みサイン (おらっち さん)
見ル野賞

 


 

「優秀賞」と「見ル野賞」、いかがでしたか?
実生活においてAIを搭載したスピーカーやスマートフォンの普及が進んだ昨年らしい「新人が 専門用語 Siriに聞く」や、少数精鋭の現場をコミカルに表現した「三人の 現場でドンと 呼ばれてる」などが選ばれました。

今年の現場川柳の応募総数は過去最高だったとのこと(応募総数12,359作品)。
ぜひ他の受賞作品もご覧ください!
「現場川柳」ホームページ


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。