ものづくりニュース by aperza

「現場川柳」募集開始! 前回大賞「ライバルは 昔同期で 今はロボ」

「現場川柳」募集開始! 前回大賞「ライバルは 昔同期で 今はロボ」

senryu
 産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:小國勇)は、第3回となる「現場川柳」を2016年10月3日(月)から2016年12月11日(日)まで募集します。

 「現場川柳」とは、オプテックス・エフエーが定めた「センサの日※(10月3日)」を記念して、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などのあらゆる“現場”にまつわる川柳を募集する企画です。昨年の『第二回 現場川柳』では、総応募3,540作品の中から「ライバルは 昔同期で 今はロボ」(さごじょうさん)が大賞を受賞しました。

 特別選考委員として、コミックエッセイ「シブすぎ技術に男泣き!(中経出版)」などで知られる元エンジニア漫画家の見ル野 栄司(みるの えいじ)氏を迎え、社内選考委員とともに厳選なる選考を行います。大賞(1作品)、優秀賞(3作品)、センサの日賞(1作品)、入賞(10作品)を選出し、各賞の受賞者には商品券およびQUOカードを進呈します。選考結果の発表は2017年1月中旬を予定しています。
※日本記念日協会の認定を受けた記念日。

◆応募方法・応募条件などは
「第三回 現場川柳」作品募集ページ

◆賞品
大賞 JCBギフトカード 3万円分×1名
優秀賞 JCBギフトカード 1万円分×3名
センサの日賞 JCBギフトカード 1万円分×1名
入賞 QUOカード 2千円分×10名

◆応募方法について
●はがきでの応募
郵便はがきに川柳作品、ペンネーム、お名前(フリガナ)、郵便番号、ご住所、電話番号、会社名、部署名をご記入の上、送付
送付先/〒600-8815 京都市下京区中堂寺栗田町91 京都リサーチパーク9号館
   オプテックス・エフエー株式会社 事業戦略室宛て

●インターネットでの応募
応募フォームから

特別選考委員 見ル野 栄司(みるの えいじ)氏

プロフィール
漫画家。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。半導体製造装置などの設計開発の会社に10年勤務した後に、漫画家としてデビュー。ベストセラーの著作に、理工系ものづくりの人々の姿を描いたコミックエッセイ「シブすぎ技術に男泣き!」(中経出版)など。

第二回 現場川柳受賞作品

受賞作品(一部)
・【大賞】ライバルは 昔同期で 今はロボ(さごじょうさん)
・【優秀賞】エアシャワー 加齢臭のみ 除去できず(木立慈雨さん)
・【優秀賞】ドラマ観た 翌日熱い ものづくり(ベンジャミンさん)
・【センサの日賞】整理しろ 言ってた上司が 整理され(くまおさん)

出典:オプテックス・エフエー、『第三回 現場川柳』の募集を10月3日より開始!

参考:オプテックス・エフエー、現場川柳公式サイト


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ