「東大阪産業フェア」開催へ ワークショップや職人技ライブなど多彩に

「東大阪産業フェア」開催へ ワークショップや職人技ライブなど多彩に

71086302_127215511979215_3689095767294738432_n

「モノづくりのまち東大阪」の魅力を発信する「東大阪産業フェア2019」のメインイベントが9月21日・22日、近鉄布施駅周辺で開催される。

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催地の一つとして東大阪が注目を集める中、「モノづくりのまち」を国内外に発信しようと企画した同フェア。

東大阪市経済部、東大阪商工会議所、市内商店会などで実行委員会を構成し、ものづくり体験やにぎわいイベントを開催する。

 

9月21日・22日は、近鉄布施駅北口交通広場で「モノづくりワークショップアカデミー」と「にぎわいゾーン」を設置する。

 

「モノづくりワークショップアカデミー」では、タグを作る真空成形体験や真ちゅう彫金体験、めっき体験など加工技術を体験するものや、千代紙を使った和とじノート、ひな人形の衣装の生地を使うつまみ細工、河内木綿のコースター作りなど伝統的な素材を使って作るもの、家具職人によるスツール作りやドローン体験など、多彩な子ども向けワークショップ15種をそろえる。

会場ではミッションをこなしていくラリーを行い、ゴール地点でノベルティを進呈する。

ワークショップ参加費は100円~3,000円。21日は10時から、22日は9時45分から整理券を配布する。

 

「にぎわいゾーン」では、東大阪産の野菜や柏原ワイン、カレーパンや、地元の店舗によるピザやコーヒー、スイーツ、よもぎうどん、ラグビー関連グッズなどを販売。

子ども免許証の発行やランドクルーザーパトカー・白バイの展示(21日のみ)、消防はしご車や乗れるミニ新幹線などが集まる。

 

ステージでは、21日は大阪府立布施高校吹奏楽部や同花園高校のダンス部、ラグビーソングを歌う若林美樹さんが登場。

22日は枚岡樟風高校のショウフウジャーショー、東大阪のご当地アイドルEllis et Campanule(エリス エット カンパニュール)のライブ、ラグビーチーム・近鉄ライナーズのトークショーなどを展開する予定。

 

「街の駅 クレアホール・ふせ」(東大阪市足代北2)では、工場の機械を持ち込み匠の技を披露する出張オープンファクトリー「こーばへ行こう!」を開催。

「職人が技をみせるだけでなく、アーティスティックな演出で、工場でパフォーマンスをしているような印象を持ってもらえる」と東大阪市経済部モノづくり支援室の巽佳之さん。

 

同ホール近くの特設会場では、中学生以上を対象(親子参加可)に金属を加工して文房具を作るワークショップを提供する。

開催時間は、9月21日=10時~17時、22日=10時~16時(クレアホールふせのみ19時まで)。

小雨決行・荒天中止。

地図を見る

東大阪産業フェア2019

出典:『「東大阪産業フェア」開催へ ワークショップや職人技ライブなど多彩に』(東大阪経済新聞)


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。