「彩の国SSS(3S勉強会)」参加レポート

「彩の国SSS(3S勉強会)」参加レポート

こんにちは。テクノアの吉本です。

2019年10月18日に有限会社寿山工業様にて開催された、「彩の国SSS(3S勉強会)」の定例会に参加しました。

この「彩の国SSS」は、3S活動で改善を目指す埼玉県の製造業が、MDファクトリーHS株式会社 代表取締役社長 川端政子様(以下、川端様)を講師として、結成した勉強会グループです。その定例会に参加しましたのでご紹介します。

 

■彩の国SSSとは
目的:3S(整理・整頓・清掃)グループ活動による企業改善
講師:MDファクトリーHS株式会社 代表取締役社長 川端政子 様
参加企業:
 ・有限会社寿山工業 様
 ・株式会社ティアンドエス ラボラトリ 様
 ・メガワークス株式会社 様
 ・株式会社寿技研 様
 ・山本工機株式会社 様
概要:2018年2月に3Sグループ活動を行う「彩の国SSS」を発足し、2019年10月まで20回の定例会を実施

 

■3Sグループ活動とは
川端様の指導する3Sグループ活動は、3S活動を数社(3~5社)のグループで取り組むことで相互に刺激し、より速いスピードで改善を推進するものです。今までに全国で実績があり、現在も25グループが活動を行っています。

 

グループ活動①:問題を見つける力を養成する

定例会は、ホスト企業の3S活動実績を見学することから始まります。ホスト企業は事前に改善したポイントをわかるように準備し、参加者を案内します。

参加者は気づいた改善点や問題点などをメモします。ただし、ただ見るのではなく、「問題を見つける力」を養うため、安全やムダなど、見るべき視点を明確にして進めています。

スクリーンショット 2019-12-17 15.35.09

 

グループ活動②:指摘する力をつける

現場見学の後は、参加者から見学結果の報告を行います。この報告は簡単ではありません。ただの非難になっては、参加者の関係性がギスギスして活動は頓挫してしまいます。

しかし、問題を指摘しなければ改善は進みません。参加者が共に3S活動に成功するためには、問題の指摘だけでなく、その改善案などを加えて報告するなどの「指摘する力」が必要になります。 

2

 

グループ活動③:座学と実習で使える知識に

3Sグループ活動では、見学と報告だけでなく、3S活動のレベルを上げていくための知識研修も行っています。その研修も単なる座学だけではなく、実習と合わせて行い、得た知識の意味や効果を実感することで、使える知恵になるよう工夫されていました。

今回の講義テーマは「効率化について」でしたが、「1個流し」の実習を行うことで、腹に落ちるまで理解することができました。

スクリーンショット 2019-12-17 15.35.56

 

本定例会に参加して、経営者から一般社員まで、参加者全員が楽しんで取り組んでいることに驚きました。

よく3S活動は、「定着しない」「成果がでない」という声を聞きます。そんな中小製造業様に是非、このような活動を知っていただき、本当に効果のある3S活動の実現を目指すキッカケになればと思います。

 

<3Sグループコンサルタント>
◆MDファクトリーHS株式会社 代表取締役社長 川端政子様
HP:http://mdfhs.com/index.html
所在地:東京都墨田区両国2-9-5 TKF第二会館3階
事業内容:異業種コラボレーション支援、地域間連携支援、3S(整理・整頓・清掃)中小企業向け教育サポート、 中小企業向け事業継承支援、イベントプロデュース事業

 

参考:テクノア


中小企業診断士。会計システム導入などのパッケージシステム会社を経てテクノア入社。テクノアでは、生産管理システムTECHSの導入効果を発揮するため、お客様への運用指導業務に従事し、運用指導担当部門の西日本管理者および大阪支店長を務めています◎株式会社テクノアは、出荷本数3700社を超える国内トップシェアの中小企業向け生産管理システム『TECHSシリーズ』を開発・販売しているソフトウェア開発企業です。「外洋帆船経営」を標榜し、情報技術【IT文明】の進歩を先取して『人々がより人間らしい、ゆとりと生きがいがある生活』を実現するため、独創的なソフトウェアと付帯サービス【ソフト文化】の開発と提供を通じて社会貢献します。