「大阪3Sサミット2019」参加レポート

「大阪3Sサミット2019」参加レポート

こんにちは。テクノアの吉本です。

2019年11月30日に開催された「大阪3Sサミット2019」に参加しました。この「3Sサミット」は3S活動推進協会様が主催している、3S活動の事例発表会です。全国各地で3S活動に取り組む企業が一堂に集まり、自社の事例を発表する熱い勉強会でした。

今回はその内容を紹介いたします。

スクリーンショット 2020-02-19 14.12.29

 

中小製造業が取り組むべきIoT/AI経営(株式会社エムティブレイン)

冒頭、株式会社エムティブレインの山口透様より、中小製造業のIoT/AIへの取り組み方について講演がありました。

難しく感じる最先端のITへの取り組みを、具体的な事例を交えながらわかりやすく説明くださいました。特に、IT化/IoT化の前に「3Sが先」という説明には参加者の方もご納得の様子でした。

問題点を見つける力や解決策立案力は、やはり「3S活動」から得られるものです。

 

3S活動事例発表

メインイベントは、3S活動に取り組む企業からの事例発表です。全国の3S改善活動に取り組む企業から選抜された企業が、今までの取り組みと成果のプレゼンテーションを行いました。

その中から、最優秀企業を参加者が投票で選び表彰を行います。
(詳細資料:http://www.3s-summit.com/summit.html

スクリーンショット 2020-02-19 14.12.51

 

最優秀賞発表

最優秀賞は、有限会社e-team/仲井京子社会保険労務士事務所様でした。3Sに取り組み始めて9年で、徐々に改善効果を発揮し、その努力と成果に会場は感動に包まれました。

何よりも私が驚いたのは、書類などを作成することが多いと思われる業種にも関わらず、完全ペーパーレスを実現されていることです。製造業でも多くの企業がペーパーレスを目指していますが、「やっぱり紙が必要だよね」と諦めてしまうことがほとんどです。

仲井社長は、絶対に諦めず代替方法を考え続けることで、それを乗り越えてきたと仰っていました。

スクリーンショット 2020-02-19 14.13.39

 

大阪3Sサミットに参加して

参加者は270名以上、立ち見も出る活況ぶりでした。

このサミットへの参加者は、「3S活動」を単なる効率化の活動と考えていません。3S活動を通して、人財育成と企業風土の改革を目指して取り組まれています。

その熱い思いを持った参加者が、切磋琢磨する場が3Sサミットだといいます。3S活動で思ったような効果が出ないなど、お困りの方は是非参加してみてはいかがでしょうか?
     

大阪3Sサミット2019概要

 
主催:3S活動推進協会(http://www.3s-summit.com/
後援:大阪工業大学ものづくりマネジメントセンター
   日刊工業新聞社
   公益財団法人 太平洋人材交流センター
協力:MOBIO ものづくりビジネスセンター大阪
日程:2019年11月30日(土) 13:00 ~ 16:00
場所:サーティホール(大東市立総合文化センター)大阪府大東市新町13-30

 

参考:テクノア


中小企業診断士。会計システム導入などのパッケージシステム会社を経てテクノア入社。テクノアでは、生産管理システムTECHSの導入効果を発揮するため、お客様への運用指導業務に従事し、運用指導担当部門の西日本管理者および大阪支店長を務めています◎株式会社テクノアは、出荷本数3700社を超える国内トップシェアの中小企業向け生産管理システム『TECHSシリーズ』を開発・販売しているソフトウェア開発企業です。「外洋帆船経営」を標榜し、情報技術【IT文明】の進歩を先取して『人々がより人間らしい、ゆとりと生きがいがある生活』を実現するため、独創的なソフトウェアと付帯サービス【ソフト文化】の開発と提供を通じて社会貢献します。