ものづくりニュース by aperza

「アプリケーション識別子 (AI)」とは

「アプリケーション識別子 (AI)」とは

アプリケーション識別子 (AI)とは

GS1は、アプリケーション識別子(Application Identifier)を使用してさまざまな情報を共有化できるようにしている。

これは情報の頭に付加される識別コードで、この識別コードに続くデータが何の情報であるかを誰でもわかるようにしている。したがって、1つのシンボルの中に複数の情報を連結して表すことができる。

GS1の他に、ISO/IEC15418でも規格化されている。

アプリケーション識別子はGS1-128で初めて使用されたが、その後GS1 Databar、GS1 Composite、GS1 DataMatrix、PDF417、QR Codeなどさまざまなシンボルでも利用されている。

表記について

アプリケーション識別子は数字2桁から4桁でコード化されたものでデータの属性(数字/英数字)、桁数、コード化方法など詳細に規定されている。

たとえば、商品コードは14桁のGTIN(国際取引商品コード)で表し、有効期限は年月日(YYMMDD)の6桁で表す。また、数量は数字8桁以下で表しロット番号は英数字20桁以下で表す。

年月日表記

製造年月日や保証期限などにおいて、年(YY)と月(MM)のみの表示で日(DD)がない場合、DDは“00”で表示する。

時分秒表記

製造時間において、時(HH)のみの表示で分(MM)、秒(SS)がない場合、それぞれ“00”で表示する。

小数点表記(3XXX)

重量などの計量単位(3XXX)を表示するとき、小数点データを表示するために1桁を追加する。

(例)
重量14.123Kgを表示する場合、小数点以下が3桁のデータなので(310)を(3103)にし、14.123Kgは小数点なしの14123とする。さらに、フォーマットは数字6桁なので、先頭に0を付加し014123とする。

▼代表的なアプリケーション識別子
スクリーンショット 2016-11-01 17.15.09
提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。