ものづくりニュース by aperza

XMpLantのサポート範囲を拡張、プラントや船舶産業のデータの相互運...

2016/11/1 IT media

XMpLantのサポート範囲を拡張、プラントや船舶産業のデータの相互運用性を強化 ([MONOist])

 ダッソー・システムズは2016年6月30日、3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上での「XMpLant」のサポート範囲を拡張したことを発表した。

 XMpLantは、プロセスプラントや船舶の設計システムで扱われるデータのファイル互換用ソフトウェアツールおよびそのデータ保存形式だ。洋上プラットフォーム、船舶、原子力発電所などの大規模データは、多数のサプライヤーから成るエコシステムや数々の工程によって構成される。XMpLantソフトウェアは、ISO 15926に準拠したファイル形式の中で、これらの情報へのアクセスを可能とし、2Dスケマティックや3Dモデルの全構造/属性/ジオメトリをサポートする。

 今回、XMpLantのサポート範囲を拡張したことで、3Dエクスペリエンス・プラットフォームは業界標準の相互運用性を備えたソリューションとなった。一元化されたバーチャルな環境の中で、プラント建設や船舶の建造などに関わるデータやプロセスの管理が可能になるため、それぞれのステークホルダーがプロジェクト全体を通じてデジタル上でつながることができるという。

 また、デザインレビューでは、さまざまな情報ソースから得られる属性/コスト//量/スペック/時間などの関連情報をモデルに統合できる。顧客企業がこれまで作成したエンジニアリング・モデルは、属性情報などの関連データと共に、3Dエクスペリエンス・プラットフォームへ移行できるため、協業の促進、設計期間の短縮、生産性やオペレーション効率の向上が期待できるとしている。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/