『通信』の記事一覧 : 299件

 蓄電池ベンチャーのエリーパワーは、2016年4月に発表した可搬型蓄電システム「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」をこのほど発売した他、新たにクラウドサービス「ELIIY CLOUD(エリークラウド)」を...

 NTTコミュニケーションズは2016年8月29日、工場で稼働する機器などを遠隔管理できる、クラウドベースのIIoT(Industrial IoT)向けサービス「Machine Cloud」の提供を開始した。同社が提供す...

3製品化の予定から、汎用品のみの提供へ  東芝情報システムは、あらかじめ搭載されたアナログコアを自由に切り替えることができるプログラマブルデバイス「analogram」を2016年9月末に販売開始する。analogram...

混雑時でも高速通信を可能に  ソフトバンクとWireless City Planningは、第5世代移動通信(5G)システムの導入に向けて、「5G Project」を開始すると発表した。同プロジェクトの第1弾として、20...

 清水建設、アクティブリンク、エスシー・マシーナリの3社はこのほど、国土交通省のi-Construction施策に沿った建設現場の生産性向上を目的に、重量鉄筋の配筋作業をアシストするロボットアーム型の作業支援ロボット「配...

 家電機器などに組み込むソフトウエアを開発するACCESS(アクセス)が電子部品メーカーのロームと提携して、「スマートハウス向け電力マネージメントソリューション」の拡販に乗り出した。家庭内に設置したホームゲートウエイにA...

2系統あるパッド間の位置を最適化、干渉結合を抑える  東芝は2016年9月、EVバス用のワイヤレス急速充電システムから発生する妨害電波を抑制することができる技術を開発したと発表した。44kWの電力を送電しても、電磁波の大...

 山洋電気は2016年8月18日、高風量・高静圧で高い冷却効果を発揮する遠心ファン「San Ace C175」9TGAタイプを発表した。  9TGAタイプには2モデルあり、定格電圧48Vの「9TGA48P0G001」は、...

 東芝は2016年9月、EV(電気自動車)バス用のワイヤレス急速充電システム向けに、妨害電波を抑制する技術を開発したと発表した。EVバス用のワイヤレス急速充電システムの実用化課題である無線通信を妨害する不要な電磁波の抑制...

5G向け無線システムを2017年にも投入予定  エリクソンは2016年8月31日(スウェーデン時間)、Massive MIMOおよびマルチユーザーMIMOに対応する5G(第5世代移動通信)無線装置などを2017年に市場に...

 英Darktraceは2016年8月23日、韓国のSamsung SDSとパートナーシップ契約を締結したと発表した。今後Samsung SDSは、DarktraceのEnterprise Immune System技術...

 「孫正義に頼らずに、革新的なソリューションを見つけたい――」。ソフトバンクは、コネクテッドカーなど6分野の産業に関して、「ソフトバンクと何かやりたい」と考える企業を探している。公募制度「ソフトバンク イノベーションプロ...

5 / 25<<...34567...1020... >>