『採用』の記事一覧 : 589件

 JR九州では、気動車に代わる次世代車両として、架線式蓄電池電車の開発を進めてきた(関連記事)。架線式蓄電池電車は、交流電化区間では、2万Vの交流が流れる架線から電力を得てモーター走行する。同時に常時、架線から得た電力で...

 ホンダは2016年2月5日、同年2月下旬に一部改良を予定している小型SUV「ヴェゼル」に「RS」モデルを追加すると発表した。先行情報をWebサイトで公開している。 「ヴェゼルRS」の外観 出典:ホンダ 「ヴェゼルRS」...

 2012年7月に始まった「固定価格買取制度(FIT)」だが、太陽光の買取価格は、普及が拡大していることから減少傾向にある。  買取価格は電力の供給を開始した時点ではなく、国から設備認定を受けた時点、あるいは電力会社など...

図1 鳥取県の再生可能エネルギー比率(2014年度の発電量)出典:鳥取県  鳥取県は県内に火力・原子力発電所がないため、これまで必要な電力の7割以上を県外で発電したものに頼らざるを得ない状況が続いてきた。そこで同県では再...

 2016年4月から始まる電力の小売全面自由化に向け、事業者間の顧客獲得競争が加速している。そして自由化が始まれば、小売事業者は顧客の獲得だけでなく、獲得した顧客に対していかにアプローチし、付加価値を提供して他社への乗り...

 有機薄膜で作る太陽電池は薄いフィルム状になるため、窓ガラスなどに設置することができる。次世代の太陽電池として世界各国のメーカーや大学・研究機関などが開発中だ。東京大学の研究チームが開発した有機薄膜太陽電池は、従来と違う...

 2016年4月からの電力小売全面自由化により、多くの小売事業者が新規参入を発表している。さまざまな料金プランやセット割引、付加サービスなどが発表(関連連載)され、盛り上がりを見せているが、これらの新規小売事業者は従来の...

図1 「DREAM Solar 和歌山市」の建設場所。 出典:大和ハウス  大和ハウスグループの大和リース(大阪市)は関西国際空港 土砂採取事業跡地(和歌山市加太)に、メガソーラー「DREAM Solar(ドリームソーラ...

 オフィスや店舗、住宅をより省エネにしたい――。そう考えた時、選べる手法は空調の見直し、照明の交換などさまざまな方法があるが、見逃してはいけないのが窓の省エネだ。日本サッシ協会のデータによれば住宅の場合、冬は窓から50%...

 チャレナジーは2014年創業の研究開発型ものづくりスタートアップ企業だ。東京都墨田区の助成金プロジェクトで採択されたモノづくり拠点「Garage Sumida(ガレージスミダ)」(関連記事)を本拠としている。  同社が...

 今回採用したのは台湾のTopper Sun社の多方位十字軸自動追尾システムで、全自動で太陽光パネルの最適な角度調整を行い、常に正面から太陽光を捉えることにより集光率を高める(図1)。太陽光エネルギーを最大限活用し発電効...

 「イワタニ水素ステーション 関西国際空港」(大阪府田尻町)は、新関西国際空港が「環境先進空港」を目指して推進している「スマート愛ランド構想」の柱の1つである「水素グリッドプロジェクト」の一環として計画を進めていたもの。...

47 / 50<<...102030...4546474849... >>