ものづくりニュース by aperza

NVIDIA VR Ready プログラムに対応したワークステーション...

2016/11/1 IT media

NVIDIA VR Ready プログラムに対応したワークステーション ([MONOist])

 トーワ電機は2016年9月6日、米BOXX Technologiesのワークステーション「BOXX VR Ready」が、プロフェッショナル・ユーザー向けに策定された「NVIDIA VR Ready プログラム」のサポートを開始したと発表した。日本国内では、販売元のトーワ電機BOXX事業部が対応する。

 NVIDIA認定BOXX VR Readyシステムは、インテルCore i7プロセッサを搭載した「APEXX2 2402」「APEXX4 7403」の2機種となる。

 APEXX2 2402は、第6世代Intel Coreシリーズを最速4.4GHzにオーバークロックしたモデルで、DDR4 PC4-2133 DIMMを採用。最大64Gバイトまで選択でき、高速なメモリアクセスを可能にした。NVIDIA Quadro M5000に対応し、プロフェッショナルGPUを使ったワークステーションとしても利用できる。

 APEXX4 7403は、8コア全てが常時4.125GHzで動作するオーバークロック・プロフェッショナル・ワークステーションだ。CAD/CAE利用に適しており、CPUパワーを要求される演算計算や3Dシミュレーションに対応できる。さらに、拡張スロットを装備し、NVIDIA Quadro M6000などのプロフェッショナルGPUを最大4枚搭載できる。

 NVIDIAプロフェッショナルVR Readyシステムは、NVIDIA Quadro M5000/M6000のGPU、Intel i5-4590/Xeon E3-1240 v3以上のCPU、HMD「HTC Vive」で構成される。同システムを使用すれば、開発者はNVIDIAのVRWorksソフトウェア開発キットを迅速に利用できるという。






NVIDIA認定 BOXX VR Ready システム


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/