ものづくりニュース by aperza

ABS/PLA樹脂を固着させる3Dプリンタ向けシートを発売 ([MON...

2016/11/7 IT media

ABS/PLA樹脂を固着させる3Dプリンタ向けシートを発売 ([MONOist])

 スリーエム ジャパンは2016年10月4日、材料押出堆積法(FDM)の3Dプリンタ向けに、「3M 3Dプリンタプラットフォームシート 3099AB」を発売した。樹脂を押し出して印刷を行う造形スペースに貼ることで、ABS樹脂やPLA樹脂をしっかり固定でき、造形の精度が向上する。3枚入りで、価格はオープンとなる。

 シートのサイズは210×180mmで、耐熱性のあるポリエステルフィルムを採用。その表面に微細な凹凸構造を持つ表面加工を施し、印刷時に樹脂がしっかり固着できるようにした。同シートを利用することで、冷却時に収縮しがちなABS樹脂を用いた造形物でも変形しにくく、造形物の底面で起こりやすい反りも低減できる。

 印刷後は、造形物を容易に取り外すことが可能で、造形物を傷つける心配もない。また、底面は鏡面仕上げになるという。耐熱性を備え、造形スペースを加温する3Dプリンタにも使用できる。



「3M 3Dプリンタプラットフォームシート」




使用イメージ


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/