ものづくりニュース by aperza

3D技術をワンストップ提供する「3Dデータセンター」サービスを開始 (...

2016/11/1 IT media

3D技術をワンストップ提供する「3Dデータセンター」サービスを開始 ([MONOist])

 2D/3D CADソフトウェアを開発するアンドールと3Dプリンタによる試作品製作を手掛けるアリエルが業務提携を結び、3Dモデルデータ作成から3D造形サービスまで、3次元化技術をワンストップで提供する「3Dデータセンター」サービスを開始すると2016年5月16日に発表した。

 両社が共同運営する3Dデータセンターは、自社で3Dデータを作成する手段を持たない中小規模の製造系企業に代わって、手書きや平面の設計図面、現物、写真などをもとにして3Dデータを作成する。

 3Dプリンタに詳しい技術者が設計要件を定義して3Dプリンタの特性を考慮した3Dデータを作成することで、造形トラブルをなくして精度の高い造形物を完成させるという。

 同サービスを利用することにより、これまで3Dプリンタの導入費用や3D技術に精通したエンジニアの確保が課題となっていた中小規模の企業でも、製造現場のラピッド・プロトタイピングが可能になるとしている。

 また、SOBAプロジェクトのWeb会議システム「SOBA mieruka」を利用することで、遠隔地からでも3Dデータを360度回転させながら双方向でリアルタイムに形状を確認できる。

 3Dデータが完成したらアリエルが運営する「3D造形センター」にデータを引き継ぎ、試作品を造形する流れとなる。

 今後、3D地形図のデータ編集やフルカラー3Dプリンタでの造形といったサービスも追加する計画。製造業だけでなく、土木建築業や自治体などのニーズにも対応できるようにサービス内容を強化していく方針を打ち出している。







製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/