ものづくりニュース by aperza

3Dプリント技術「CLIP」保有の米ベンチャー企業に1000万ドルを出...

2016/11/1 IT media

3Dプリント技術「CLIP」保有の米ベンチャー企業に1000万ドルを出資 ([MONOist])

 ニコンは2016年9月16日、米Carbon3Dが発行する優先株の増資を引き受けたことを発表した。1000万ドル(約10億円)を出資したとしている。

 Carbon3Dは、3Dプリンタ本体や3Dプリンタで用いる材料の開発・製造・販売を手掛けるベンチャー企業。「CLIP(Continuous Liquid Interface Production)」と呼ぶ独自の造形技術を保有しているのが強みだ。CLIPを用いることで、従来の3Dプリント方式よりも造形速度が向上する他、造形物の剛性や機械特性、表面の平滑性も引き上げられるという。

 ニコンは、今回の出資により産業機器事業を強化し、事業領域の拡大を目指す。開発・試作・生産といった、ものづくりの各過程に適したソリューションの拡大を進める。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/