ものづくりニュース by aperza

300種以上のフォーマットに対応するHTML5ドキュメントビュワーを発...

2016/11/1 IT media

300種以上のフォーマットに対応するHTML5ドキュメントビュワーを発売 ([MONOist])

 ラネクシーは2016年9月7日、米Accusoftが開発したHTML5ドキュメントビュワー「PrizmDoc V11」を発売した。価格は49万8000円(税別)で、ラネクシーの提携代理店経由で販売される。

 PrizmDoc V11は、CAD画像やPDF、MS-Office文書などのファイルをサーバ上で変換し、Webブラウザで表示可能にするドキュメントビュワーだ。ユーザーごとに専用のアプリケーションをインストールしなくても、300種以上のフォーマットのドキュメント閲覧が可能なので、ライセンス費用が削減できる。また、表示するファイルを端末にダウンロードする必要がないため、セキュリティにも優れる。

 今回発売された最新版は、Window環境に加えてLinux環境にも対応。商用サービスへの導入が容易になった。さらに、変換サービスとは別に、ビューイング用のサービスが用意され、ビューイング速度が改善しているという。注釈ツールや検索機能の強化も図られ、電子メールのフォーマットサポートでは、本文だけでなく添付ファイルも閲覧できるようになっている。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/