ものづくりニュース by aperza

3次元点群データ処理ソフトの新版を発表、点群からのCADモデル化機能を...

2016/11/1 IT media

3次元点群データ処理ソフトの新版を発表、点群からのCADモデル化機能を追加 ([MONOist])

 エリジオンは2016年8月24日、3次元点群データ処理ソフト「InfiPoints」の新バージョン「Ver.3.0」を発表した。点群データから配管・鋼材をCADモデル化する機能やデータ出力機能を追加し、各種BIM(Building Information Modeling)ソフトウェアとの連携を強化した。

 新バージョンでは、計測した点群データから、H形鋼・角形鋼管などの配管・鋼材をCADモデル化する機能を追加した。また、点群データからの配管モデリング機能を拡張し、レデューサーのモデリングやフランジ合わせ部のすき間などのモデリングも可能にした。

 モデル化したデータは、形状・長さ・径などのパラメーターを出力し、BIMソフトなどに受け渡すことができる。BIMソフトや設備CADソフトに出力ファイルを入力すれば、データを編集しながらモデリング作業を進めることができるという。

 さらに、計測時に設置した基準球・チェッカーボードの形状を高精度に認識する技術や、複数の点群データをフィットさせる際に、誤差を最小化する技術などを開発。データ合成の精度を向上させたほか、結果を数値・グラフなどで表示し、精度を保証する機能も追加した。

点群データから鋼材をCADモデル化(赤色部分)した例


外径の異なる配管をレデューサーでつないだ例


2枚をセットで作成したフランジ(上)と片面ずつフランジを作成した例(下)



誤差のカラーマップ(中央)をはじめとした、InfiPointsでの視覚的・定量的な誤差表示の例


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/