ものづくりニュース by aperza

1000fpsを最小遅延3ミリ秒で投影できるプロジェクター (庄司智昭...

1000fpsを最小遅延3ミリ秒で投影できるプロジェクター (庄司智昭,[EE Times Japan])

PCI Express 光I/Fを採用

 東京エレクトロンデバイス(TED)は2016年10月19日、8ビット階調の映像を最大1000フレーム/秒(fps)、最小遅延3ミリ秒で投影できるプロジェクター「DynaFlash」の販売を開始した。価格は400万円(税別)。プロジェクションマッピングや3次元形状計測、拡張現実(AR)システム、ロボットビジョンなどの用途に展開するという。

 DynaFlashは、Texas Instrumentsの0.7型デジタルミラーデバイス(DMD)チップと、高輝度なLED光源を用いている。光量は500ルーメン。FPGAに組み込んだ高速制御回路を開発し、同回路を用いてDMDとLEDを制御することで、最大1000fpsを実現した。

 TEDと東京大学の石川正俊、渡辺義浩研究室は、2014年5月からプロジェクターのフレームレートを高速化する研究を進めてきた。従来のプロジェクターは30〜120fpsが主流だが、2015年7月に1000fpsを実現する試作機の開発を発表している。

 今回、試作機から小型化とインタフェースの改良を行ったとする。筐体サイズは260×270×120mm、重さ4.5kgと一般的なプロジェクターと同等のサイズとなった。そのため、持ち運びが可能になる。また、画像処理用PCとのインタフェースは、試作機はメタルケーブルを用いていたが、PCI Express 光I/Fを採用。これにより、画像処理用PCと離れた場所に設置できるようになり、天吊りするといった利用も可能にした。

 同製品は、TEDの自社ブランド「inrevium(インレビアム)」の1つとして展開される。TEDは、カスタマイズや同製品に関連するデザインサービスの販売も行うとした。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/