ものづくりニュース by aperza

0.5mmの高精度でがん細胞にX線を照射可能? 9.3GHz帯で2.0...

0.5mmの高精度でがん細胞にX線を照射可能? 9.3GHz帯で2.0MW出力のマグネトロン (庄司智昭,[EE Times Japan])

広範囲な角度から0.5mmの高精度

 新日本無線は2016年8月4日、医療/非破壊検査分野で使用されるLINAC装置向け高出力マグネトロンを開発したと発表した。LINAC装置とは、直線加速器のことで、放射線治療用のX線や電子線を発生させるときに活用される。

 マグネトロンは、3GHz帯から9GHz帯への移行が進んでいる。高い周波数にすることで、X線の照射精度向上や装置の小型化を図るためだ。同社が今回発表したマグネトロンは、9.3GHz帯で「世界最高水準」となる2.0MWの高出力を実現。これまで提供してきた船舶用や気象用レーダー向けマグネトロンの真空技術を適用し、マイクロ波を効率よく生成できるという。これにより、LINAC装置で、広範囲の角度から0.5mmの高精度で、がん細胞にX線の照射が可能である。

 非破壊検査としては、トラックや列車に載せた貨物に対して、走行しながらX線スキャンによる危険物質検査が可能だ。建築物や橋、貯蔵タンクなどへのX線スキャンも可能であり、劣化やひびなどの検査にも利用できるとした。

 ラインアップは、「M1466シリーズ」と「MM763シリーズ」。M1466シリーズの周波数は3.0GHz帯で、1.5MW、2.8MW、2.8MW(デュアルエナジーモード対応)、3.2MW品をそろえる。MM763シリーズの周波数は9.3GHz帯で、650kW、1.0MW、1.6MW、2.0MW品をそろえた。

 同社の調べでは、LINAC装置向けマグネトロンの市場規模は約20億円である。同製品は、2016年度に1億円、2019年には3億円の売り上げを目指すとした。

 なお、同社は2016年4月1日付で、マグネトロンを扱う「マイクロ波事業部」と衛星通信/地上通信用コンポーネントなど応用製品を扱う「マイクロ波コンポーネント事業部」を統合している。その狙いについては、「両事業部は同じマイクロ波を扱っており、お互いの良い部分を生かした、シナジー効果をこれから生み出したい」と語った。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/