ものづくりニュース by aperza

風力発電機を社員寮に導入、災害時にも水洗トイレを利用できる (石田雅也...

風力発電機を社員寮に導入、災害時にも水洗トイレを利用できる (石田雅也,[スマートジャパン])

 千葉県の北東部に位置する旭市は太平洋に面していて、東日本大震災で津波の被害を受けた地域の1つだ。旭市に本社がある鋼材販売業の松山鋼材は災害時に生活インフラを確保するため、市内に新築した社員寮に小型の風力発電機を導入した(図1)。



図1 社員寮に設置した小型風力発電機。出典:ダイキアクシス

 社員寮の敷地内に鉄塔を建てて、その上にシルフィード社の小型風力発電機「VAS-3.0」を設置した。この風力発電機は全体の高さが約3.1メートルで、垂直軸を中心に3枚の長方形の羽根が回転して発電する(図2)。羽根の回転直径は約2メートルの範囲に収まるため、小さな設置スペースでも導入しやすい。集合住宅のほか、農業用のビニールハウスや小規模の工場などの電力源として利用できる。



図2 小型風力発電機「VAS-3.0」の外観。出典:ダイキアクシス

 発電能力は3kW(キロワット)で、風速が11メートル/秒の状態で1kWの電力を供給できる。起動には2.5メートル/秒の風速が必要になり、5メートル/秒以上の風で発電を開始する。強風でも過回転を防止できるため、通常の風力発電機のように強風時に運転を止める必要がない。海の近くや高原などの強い風が吹く場所に向いている。

風力発電機の価格は350万円

 松山鋼材の社員寮では発電した電力を平常時にはガス給湯器や浄化槽ブロワー(微生物の働きで汚物を分解する装置)の電源として利用する(図3)。余剰分は寮内の電源コンセントを通じて家電製品で使うことができる。



図3 社員寮の全景と浄化槽ブロワー。出典:ダイキアクシス




図4 非常用の電源コンセント。出典:ダイキアクシス

 災害時に停電が発生しても、風力による電力で給湯器や水洗トイレの利用が可能だ。さらに地下水をくみ上げる電動ポンプを設置して、断水が発生した場合でも生活用水を供給できるようにした。

 社員寮には非常用の電源コンセントを備えている(図4)。災害時でも炊飯器を使って食事を作り、連絡に欠かせない携帯電話を充電することができる。こうして最低限の日常生活を送れるようにして、災害時のストレスを低減させる狙いだ。近隣の住民にも必要に応じて社員寮を開放する。

 導入した小型風力発電機は本体価格が350万円で、外部電源用の蓄電池や制御装置をオプションで追加する構成になっている(図5)。開発・販売元のシルフィードは排水処理事業などを手がける愛媛県のダイキアクシスが2011年に東京都内に設立した。小型風力発電機の開発・販売・施工を専門にしている。これまでに福島県の須賀川市で農業用ビニールハウスの電源として設置した実績がある。



図5 集合住宅に導入する場合のシステム構成。出典:ダイキアクシス


スマートジャパン」は、日本各地の企業・自治体にとって喫緊の課題である電力の有効活用と安定確保に向け、節電・蓄電・発電のための製品検討や導入に役立つ情報を提供します。企業や自治体の総務部、システム部、店舗運営者、小規模工場経営者などの方々に向けて、電力管理や省電力化を実現する製品情報、導入事例、関連ニュースをお届けするほか、製品カタログや利用ガイドなども掲載していく予定です。 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/