ものづくりニュース by aperza

顕微鏡・マイクロスコープ向けUSB3.0カメラ ([MONOist])

2016/11/1 IT media

顕微鏡・マイクロスコープ向けUSB3.0カメラ ([MONOist])

 リンクスは2016年6月7日、顕微鏡・マイクロスコープ用のカメラパッケージ「Basler 顕微鏡用PowerPack」を発表した。工業用、生物用の顕微鏡・マイクロスコープ向けカメラとして、幅広い分野で使用できる。

 PowerPackは、最新センサーを搭載したBaslerカメラに加え、専用のソフトウェア・アクセサリなど、必要な構成機器を1つにまとめたパッケージとなる。セットには、カメラ、操作手順書、専用撮像ソフトウェア、USB3.0ケーブル、CS-Cマウント変換アダプター(pulseモデルのみ付属)が各1つずつ含まれ、顕微鏡システムの構築とカメラの取り付けが簡単にでき、セットアップ完了後すぐに使用できる。

 カメラは、Aptina製CMOSセンサーを搭載した「Microscopy pulse」3種と、ソニー製CMOSセンサーを搭載した「Microscopy ace」2種の計5種をそろえた。また、PowerPack専用の顕微鏡用ソフトウェア「Basler Microscopy Software」を標準で付属。同ソフトウェアは日本語に対応しており、英語など他言語とのユーザーインタフェースから切り替えができる。カメラからの画像取得から、計測、結果の文書化機能などを一貫してサポートするため、顕微鏡での業務をすぐに開始できる。

 さらに、顕微鏡の撮像画像をより美しくするため、カメラ内FPGAに搭載している画像補正アルゴリズム「PGI」を最適化。ノイズ除去、シャープネス、ベイヤー変換、カラーアンチエイリアスが改良され、画質も向上した。






カメラのラインアップ





製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/