ものづくりニュース by aperza

電動アシスト自転車が分散電源に、「常時フル充電」を実現するサイクルシェ...

電動アシスト自転車が分散電源に、「常時フル充電」を実現するサイクルシェア (陰山遼将,[スマートジャパン])

 パナソニックは2016年2月4日、同年2月5〜10日までの平日に「パナソニックセンター東京」(東京都江東区)で開催する「Wonder Japan Solutions」の展示内容を報道関係者に公開した。同イベントはパナソニックが「東京オリンピック/パラリンピック」が開催される2020年に向けて開発を進めている新技術やソリューションを披露する展示会だ。

 パナソニックはこの展示の中で、2016年4月からNTTドコモ、ドコモ・バイクシェアと共同で実施する電動アシスト自転車のシェアリングサービスの概要を展示した。自転車のバッテリーそのものをシェアできるようにするというユニークな実証だ(図1)。

図1 実証実験の概要 出典:パナソニック、ドコモ

バッテリー本体をシェアリング、“充電切れ”の不安を解消

 3社が取り組む実証実験は、2016年4月1日〜9月30日の間、東京都臨海地区(晴海、月島、豊洲)で行われる。日本全国でこうした電動アシスト自転車を活用したシェアリングサービスの実証が始まっているが、使用状況に応じた複数のレンタル拠点間における自転車の再配置作業や、バッテリーの充電残量をいかにマネジメントするかなどが課題となっている。ユーザーの利便性を向上することが、実際の利用につながるからだ。

 今回の実証はこうした課題の解決に向けた内容となっているのが特徴だ。その1つとして電動アシスト自転車のバッテリーそのものをシェアできるサービスを展開していく。コンビニなどの店舗やサイクルポートに予備バッテリーを常時充電しておける設備を分散設置し、バッテリー残量が少なくなった場合にはこの充電済みのスペアバッテリーと交換できる仕組みを構築する(図2)。

図2 実証で使用する予備バッテリーの充電装置。バッテリーに搭載しているICタグでシェアリング用のバッテリーかどうかを認証する。装置にシェアリングサービスの利用時に登録したカードをかざすことでロックの解除などが行える仕組みだ

 結果的にサービスの利用者同士で、バッテリーをシェアするかたちになり、“バッテリー切れ”の不安軽減にもつながる。充電装置を設置する店舗側には、バッテリーをきっかけにしたら来店客が見込めるメリットがあるという。実証では利用者の動向を分析し、技術的課題の発見や事業ノウハウの蓄積などを進めていく。

最適な電動アシスト自転車の開発も推進

 ドコモではグループ会社のドコモ・バイクシェアを通じて、既に東京都内の他、神奈川県、宮城県、広島県などで自転車のシェアリングサービスを実施してきた実績がある。一方パナソニックは電動アシスト自転車そのものの開発・販売に加え、バッテリー関連の技術も所有している(図3)。今回の実証はこうした両社の持つノウハウや技術を活用して進めていく計画だ。

 さらに今後はこうした実証を通じ、シェアリングサービスに適した電動アシスト自転車の機能や仕組みの共同検討も進め、車両のさらなる小型化や軽量化についても取り組んでいくという。「これによりシェアリングサービスにおける自転車の再配置作業の軽減などにつなげていきたい」(パナソニック ブース担当者)

図3 パナソニックの電動アシスト自転車「エネモービル・S」

バッテリーを分散電源としても活用

 パナソニックは2014年に新型の電動アシスト自転車「エネモービル・S」を発売している。この製品で特徴的なのは、バッテリーにUSB端子を備えており、USBケーブルを利用すればスマートフォンなどの充電を行えるようにした点だ(図4)。

 今回のドコモ、ドコモ・バイクシェアと取り組む実証では、実証エリア内の拠点にバッテリーの充電装置を分散配置する。3社ではこうした“分散電源環境”とバッテリー本体のUSB充電機能を組み合わせることで、将来は電動アシスト自転車のバッテリーを災害時の予備電源として活用することも検討していくという。

図4 パナソニックが発売する一部の電動アシスト自転車のバッテリーには、USB充電機能を搭載している


スマートジャパン」は、日本各地の企業・自治体にとって喫緊の課題である電力の有効活用と安定確保に向け、節電・蓄電・発電のための製品検討や導入に役立つ情報を提供します。企業や自治体の総務部、システム部、店舗運営者、小規模工場経営者などの方々に向けて、電力管理や省電力化を実現する製品情報、導入事例、関連ニュースをお届けするほか、製品カタログや利用ガイドなども掲載していく予定です。 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/