ものづくりニュース by aperza

電力自由化で加速する顧客争奪戦、欲しい顧客の“見える化”で差をつける ...

電力自由化で加速する顧客争奪戦、欲しい顧客の“見える化”で差をつける (陰山遼将,[スマートジャパン])

 2016年4月から始まる電力の小売全面自由化まであと2カ月となった。新たに開放される低圧市場の規模は約7.5兆円、対象となる顧客数は全国で7000万契約(世帯)に達する。既に自由化されている20万契約規模の高圧市場とは、桁違いの規模の市場が開放されることになる。

 この巨大市場に参入する小売電気事業者は、顧客獲得競争に向けて魅力的な新料金プランの設定やサービスの拡充が必須だ。それと同時に見込顧客へのアピールに向けたブランディングやマーケティング、さらに契約した顧客に対して継続的なアプローチを行うなど、「顧客を維持していく」という視点も重要になってくるだろう。

 こうしたニーズを見越して、小売事業者向けに顧客獲得や顧客維持を支援するサービスも登場し始めている。トッパン・フォームズは同社がこれまで展開してきたダイレクトメール(DM)を活用した顧客獲得サービスを、小売事業者向けにパッケージ化した商品「エネキャッチャー」の提供を開始。新電力EXPO 2016のブースでは、同社のこうした小売事業者向けサービス群をアピールした(図1)。

図1 トッパン・フォームズのブース

新規顧客の獲得を支援する「エネキャッチャー」

 エネキャッチャーはトッパン・フォームズが持つ外部リストを活用して、小売電気事業者のターゲットとする顧客セグメントを提案。その顧客に対して、電子メールや郵送のダイレクトメールなどの選べる複数の方法でアプローチが行えるサービスだ(図2)。

図2 「エネキャッチャー」の概要出典:トッパン・フォームズ

 スイッチング申し込みが行えるWebサイトなどへの誘導、さらにスイッチングを希望した顧客に対しての契約申し込みキットの郵送、電子メールやコールセンターによる対応などのサービスもパッケージに含まれている。こうした施策の効果測定を行うことも可能だ。

 郵送のダイレクトメールなどを使用しない「ペーパーレスセット」であれば「約50〜60万円から利用できる」(ブース担当者)という。さらにエネキャッチャーでは、こうした外部リストを活用した新規顧客獲得に加えて、小売事業者が既に自社で保有している顧客リストに対して同様のセグメントアプローチが行えるサービスも用意している。

獲得顧客とのコミュニケーションを支援する「エネサイクル」

 トッパン・フォームズが小売事業者向けに新たに用意したもう1つのパッケージサービスが「エネサイクル」だ。Webやコールセンターサービスを活用して、顧客への情報発信や請求明細の通知などを行い、コミュニケーションをとることで顧客の「維持」を支援する(図3)。

図3 「エネサイクル」の概要出典:トッパン・フォームズ

 同社では以前から請求書のWeb配信サービス「エネイージー」を展開しており、エネサイクルに含まれたサービスの1つとして利用できる(図4)。エネイージーは事業者が顧客に対して郵送する請求書をWeb配信に切り替えられるサービスで、「紙での郵送の場合、1件あたり80円掛かるコストを20〜30円に抑えられる」(ブース担当者)という。エネイージー単体での利用の場合、初期導入コストは約500万円から。

図4 「エネイージー」をはじめ、企業の帳票運用管理をサポートするサービスも展開

 トッパン・フォームズでは、この他にも小売事業者向けに書類業務などを代行するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスなども提供しており、2016年4月から始まる電力の小売全面自由化に向け、小売事業者向けの支援サービスを強化していく計画だという。

 「業務をなるべく効率化したいという小売事業者からの引き合いが多い。顧客の獲得や維持に向けた取り組みを行う場合、個人情報の管理、最近ではマイナンバー制度への対応なども必須になってくる。トッパン・フォームズではこれまでの事業でこうした個人情報の管理や、顧客へのアプローチ方法について多くのノウハウがあり、こうした部分に強みがあると考えている」(ブース担当者)


スマートジャパン」は、日本各地の企業・自治体にとって喫緊の課題である電力の有効活用と安定確保に向け、節電・蓄電・発電のための製品検討や導入に役立つ情報を提供します。企業や自治体の総務部、システム部、店舗運営者、小規模工場経営者などの方々に向けて、電力管理や省電力化を実現する製品情報、導入事例、関連ニュースをお届けするほか、製品カタログや利用ガイドなども掲載していく予定です。 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/