ものづくりニュース by aperza

重さ1000g以下の片手で操作できるプログラマブル表示器 ([MONO...

2016/11/1 IT media

重さ1000g以下の片手で操作できるプログラマブル表示器 ([MONOist])

 デジタルは2016年8月22日、重さ1000g以下のハンディー型プログラマブル表示器「GP4000H」シリーズを発売した。同社従来製品に比べて約10%軽量化し、片手持ちでも簡単に操作ができる。

 GP4000Hシリーズは、回路故障などの緊急時に機械を停止できる非常停止スイッチや、漏電などのトラブルで、反射的にスイッチを放す/握り込んだ場合でも装置を停止できる3ポジションオペレーションスイッチを搭載。安全性を重視した設計を採用している。また、非常停止をせずに本体を移動できるキースイッチも装備した。

 定格電圧は24Vdcで、イーサネットによるネットワーク接続にも対応した。現場の生産情報などを管理者用PCで共有し、データのやりとりをリアルタイムに行うことができる。従来機種の「GP3000H」シリーズとは互換性を備え、設備の構成を変更せず、GP4000H本体を置き換えるだけで利用できる。

 参考標準価格は22万3000円(税別)からとなる。



GP4000Hシリーズ

FAメルマガ 登録募集中!



FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/