ものづくりニュース by aperza

遊び感覚で使える幼児向け3Dソフト「ぶろっくめーかー」最新版発表 ([...

2016/11/1 IT media

遊び感覚で使える幼児向け3Dソフト「ぶろっくめーかー」最新版発表 ([MONOist])

 アンドールは2016年5月26日、遊び感覚で使える幼児向けの3Dモデル作成ソフト「ぶろっくめーかー」の最新版を同年7月に発売すると発表した。

 ぶろっくめーかーは、同社のICT教育ソリューション製品で、幼少期から3D技術に親しむことができるように構成されている。

 対象年齢は5歳からで、3DCADの知識がなくても、ブロックを積み重ねる要領でマス目をクリックしていくだけで簡単にモデル(立体物)を作成し、好きな色にデザインできる。作成したモデルは、3Dプリンタで出力することも可能だ。

 最新版ではさらに、世界50カ国以上の子どもが利用する、クリエイティビティに特化したソーシャルメディアプラットフォーム「Creatubbles(クリエイタブルズ)」と連動。Creatubblesを通じて、3D作品をグローバルに公開できるようになるという。

 Creatubblesの展開地域は、日本や北米、中国、オーストラリア、南アフリカをはじめとする50カ国以上で、日本語版は2016年3月よりサービスを開始している。







製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/