ものづくりニュース by aperza

設計フォースを覚醒する「SOLIDWORKS 2017」の新機能 (八...

2016/10/31 IT media

設計フォースを覚醒する「SOLIDWORKS 2017」の新機能 (八木沢篤,[MONOist])

 ダッソー・システムズ・ソリッドワークス(以下、ソリッドワークス)は、年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2016」(会期:2016年1月31日〜2月3日)を米国テキサス州ダラスで開催した。同年2月3日(現地時間)に行われた最終日の基調講演では、次期バージョンとなる「SOLIDWORKS 2017」に搭載予定の新機能を、映画『STAR WARS(スター・ウォーズ)』のパロディー「SOLID WORKS」とともに紹介した。

映画『STAR WARS(スター・ウォーズ)』のパロディー「SOLID WORKS」の寸劇の中で「SOLIDWORKS 2017」に搭載予定の新機能の数々が紹介された

SOLIDWORKS World 2016 速報:

⇒ 設計フォースを覚醒する「SOLIDWORKS 2017」の新機能

⇒ 未来のエンジニアを育てる「SOLIDWORKS Apps for Kids」

⇒ 製品のパーソナライゼーションを支援する「SOLIDWORKS Make」発表

⇒ 設計者に最適形状を提案する「Xdesign」がデザインにイノベーションを起こす!?

⇒ 世界中の「SOLIDWORKS」ユーザーが米国テキサス州ダラスに集結!

 SOLIDWORKSは、最初の基調講演でSOLIDWORKSブランド 最高経営責任者(CEO)であるジャン・パオロ・バッシ(Gian Paolo Bassi)氏が述べた通り、「イノベーションプラットフォームとして、ユーザーが必要とするものを提供する」ことを基本方針としている(関連記事:設計者に最適形状を提案する「Xdesign」がデザインにイノベーションを起こす!?)。実際、ユーザーからの機能強化リクエストを受け付けるオンライン投票を2001年から毎年実施しており、寄せられたリクエストのうち約75%が、実際にSOLIDWORKSの新機能として組み込まれているという。

 次期バージョンに搭載予定の新機能を紹介する「スニークプレビュー」は、SOLIDWORKS Worldの最終日に行われる恒例行事(?)で、これまで『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を模した「バック・トゥ・ザ・フィーチャー」や、『バットマン』を模した「キャドマン(CADマン)」などユニークな寸劇を繰り広げてきた(関連記事:部分レンダリングに寸法配置の切り替え、「SolidWorks 2015」の新機能)。

おなじみのキャラのようだが……、コレジャナイ感満載の「SOLID WORKS」

 2015年に新作が公開されたばかりの超大作スター・ウォーズをどの程度パロディーしているのか気になるところだが、まずは「SOLID WORKS」の中で紹介されたSOLIDWORKS 2017に追加予定の主な新機能を見ていこう。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/