ものづくりニュース by aperza

製品ライフサイクル管理と3Dプリントによる製造技術を融合 ([MONO...

2016/11/1 IT media

製品ライフサイクル管理と3Dプリントによる製造技術を融合 ([MONOist])

 シーメンスPLMソフトウェアは2016年6月6日、ローカルモーターズとパートナーシップを締結したと発表した。

 このパートナーシップは、シーメンスPLMソフトウェアの製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェア・テクノロジーと、ローカルモーターズのDDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)を融合し、製品設計と製造のデジタル化に関してビジョンを共有する目的で締結された。

 今回のパートナーシップ締結により、シーメンスPLMソフトウェアは、付加製造技術や3Dプリントにおける技術進歩をサポートするデジタル・エンタープライズ・ソフトウェア・スイートの機能拡張をさらに進める。

 一方、ローカルモーターズは、シーメンスPLMソフトウェアの「デジタルツイン」作成におけるシーメンスの専門知識を活用して、同社のラボ・プログラムの生産性向上を目指す。

 DDMとデジタルツインは、設計から製造までのプロセスを統合して効率化することで、時間短縮とコスト削減が可能になり品質を向上させる技術だ。

 DDMは機械加工の必要性をなくし、設計から製造までのタイムラグを短縮するとともに再設計を容易にする。デジタルツイン・ソフトウェア・テクノロジーは、製品とその製造システムの形状、機能、性能を正確に表現したバーチャル・モデルを作成し、設計と製造を結び付ける。

 また、ローカルモーターズは、数年前にシーメンスのSolid Edgeを導入し、Solid Edgeを使用していない共同設計者らのCADモデルへのインポートを、シーメンス独自のシンクロナス・テクノロジーを活用してシームレスに実施している。

 ローカルモーターズは今後、Solid Edgeの使用範囲を拡大し、全ての施設にシーメンスのCAD/CAM/CAE統合ソリューション「NX」ソフトウェアと、複合材エンジニアリング用途の「Fibersim」ポートフォリオを追加していく。さらに、2016年中にメリーランド州、ベルリン、テネシー州でラボ機能を持つ新しい施設をオープンする予定だ。新施設のスポンサーは、シーメンスPLMソフトウェアが務めるという。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/