ものづくりニュース by aperza

血液ガス分析装置と試薬の共同販売契約を締結 ([MONOist])

2016/11/1 IT media

血液ガス分析装置と試薬の共同販売契約を締結 ([MONOist])

 シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(シーメンス)は2016年7月22日、同社の血液ガス分析装置「ラピッドラボ 348EX」「ラピッドポイント 500」および試薬について、扶桑薬品工業と共同販売契約を締結したと発表した。扶桑薬品工業では、同年8月1日よりこれらの販売を開始する。

 透析医療を主体とする日本の腎治療では、透析医は患者の病態を考慮し、透析液の濃度や調節などを含むさまざまな治療を行う。そのため、正確な透析液の濃度測定は、治療効果を最大化するという。

 シーメンスが提供する血液ガス分析装置は、透析液モードで透析液のナトリウム、カリウムなどの電解質を測定し、混合濃度や成分濃度などの透析液の品質を管理する。また、同社は、透析液濃度測定の標準化や透析液濃度の管理方法についてのガイドライン作成プロジェクトの協力メーカーとなっている。

 扶桑薬品工業は、輸液や人工腎臓透析剤などを販売する医薬品会社で、透析剤の国内販売において高い実績を持つ。1964年に日本で初の透析液として、人工腎臓潅流原液を開発・発売している。

 今回、扶桑薬品工業が透析モードを搭載したシーメンスの血液ガス分析装置を販売することで、透析剤と透析液の品質管理手段を同時に医療現場へ提供することが可能になるとしている。

左:血液ガス分析装置「ラピッドラボ 348EX」、右:血液ガス分析装置「ラピッドポイント 500」


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/