自社工場の立ち上げで生産委託との関係が崩壊!!

自社工場の立ち上げで生産委託との関係が崩壊!!

※こちらは2014年11月24日に公開された記事です。

増産対応に協力的でないB社に見切りをつけて、自社工場を立ち上げ、自社生産をAは始めました。

B社にもそちらが対応してくれないから自分で生産すると通知しました。
そのころから両社の関係はぎくしゃくしてきました。

自社工場は半年ほどで立ち上がり、1年ほどで生産も何とか軌道に乗ってきましたので、徐々に生産の主体を自社工場に移しました。

B社もA社が自社工場を立ち上げ生産を始めたこと、そして、自社への注文が徐々に減ってきていることは気が付いていました。
この時期両社の関係は完全に冷めきってしまいました。

B社がA社スタッフを自社工場に入れることはなくなりました。
工程や作業をA社スタッフに見せることを拒否したのです。

これは品質クレームが発生したときも例外ではありませんでした。
報告書は出してくるものの、工場での確認は一切受け付けてくれませんでした。

B社がこのような対応になった要因は、A社の対応にも問題がありました。

A社では、生産委託先であるB社と自社工場を共存させて生産能力を確保するという選択肢があったにも関わらず、B社の非協力的な態度を理由として自社工場ですべてを生産させることを選択したのです。

B社から自社工場への生産移管はかなりのペースで進めました。
急激にやったので当然のことながらB社の生産量も急激に減り、経営的に苦しい状況に追い込まれていました。

工場の活気はなくなり、人も減っていきました。
B社を辞めた技術者や作業者たちをA社の工場が雇うということも多くあり、両社の関係は崩壊していました。

この先の結果を先に言うと、A社は自社工場の生産能力増強を甘く見ていて、顧客が求める数量の生産CAPAを確保できず、この後何年もCAPA不足による慢性的な納期遅延で顧客に迷惑をかけ続けました。

B社への発注数量を調節してバックアップ工場として継続できるようにしておくべきだったのです。

ですが、後の祭りです。

自社工場能力の見通しの甘さと、生産委託先政策の誤りが自社に大きなつけとなって返ってきてしまったのです。

 

toimprove/” target=”_blank”>出典:中国工場での品質管理・品質改善


KPIマネジメント代表・チーフコンサルタント◎電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て香港・中国に駐在。現地においては、購入部材の品質管理責任者として購入部材仕入先品質指導及び品質改善指導。延べ100社に及ぶ仕入先工場の品質改善指導に奔走 ◎東京都/千葉県商工会連合会専門エキスパート(品質管理、製造業指導) GCS認定コーチ◎日本生産性本部経営アカデミー講師 名古屋外国語大学非常勤講師 セミナー/企業研修講師多数◎中国工場コンサルティング実績 日系中国工場品質改善及び管理体制の見直し(広東省)、中国企業品質管理体制の構築(福建省1社)、中国企業労務人事管理監査対応指導(パートナーコンサルタントと共同で実施:広東省1社)、米国D社の労務人事監査指摘事項への対応を指導、中国工場品質管理体制の構築(広東、大連など2社)、中国工場運営管理支援(広東1社)、外観検査の精度向上指導(広東1社)、中国生産委託先工場監査代行(広東1社) 国内工場管理の見直し及び製品コストダウン、外灯製造会社の5S指導、金属加工会社の品質管理・改善、生産性向上指導(1社)、金属加工会社の組織再構築、経営改革指導(1社)、板金塗装会社の5S指導(1社)、環境関連企業の新工場立ち上げ支援(1社)◎製造業向け社員研修実績 中国人管理者教育(広東、大連、厦門など3社)、コーチング研修(2社)、来日した中国企業スタッフ研修、中国赴任前研修(パソナ様)、若手社員向け中国工場の問題点と対処法(和歌山県工業技術センター様)、中国工場品質管理講座&異文化コミュニケーション(富士通テレコムネットワークス様)、仕入先様品質管理勉強会 テーマ:中国工場での品質管理の進め方(株式会社オートバックスセブン様)、中国への生産委託に伴う工程/品質管理のポイント(N社様、I社様) ◎著書 こうすれば失敗しない!中国工場の品質改善<虎の巻>(日刊工業新聞社)、雑誌「標準化と品質管理」2012年8月号特集記事執筆(日本規格協会)、外観検査の不良見逃し・ばらつき低減(技術情報協会・共同執筆)、通信教育講座「外観目視検査の進め方と留意点」担当講師(テキスト執筆、添削指導) ◎KPIマネジメント http://www.prestoimprove.com/index.html ブログ「中国工場での品質管理・品質改善」https://ameblo.jp/prestoimprove/