ものづくりニュース by aperza

自分のミスを消そうして致命不良に!?

自分のミスを消そうして致命不良に!?

今回は標題の事例を紹介し、それが外国人(今回はタイ人だが、中国人にも当てはまるような気もする)特有の問題なのか、日本人でも起きる可能性があるのかを考えたい。

ある切削加工メーカーではタイ人を外国人研修生として使っている。すでに2年半が経ち会社の戦力になっている。ある時こんなことが起きた。10個口の加工精度も加工難易度も中程度の製品があった。

加工自体は問題なくできたが、出荷前の製品チェックで10個中2個に傷が付いていることがわかった。タイ人作業者から傷に関する報告はなく傷のことは知らないといったそぶりであった。

 

全体の厚さの寸法公差に余裕があったことから傷のある面を研磨することにした。ただし、別の穴の位置寸法にはさほどの余裕がないため研磨できる量は少なく限定された。

その研磨は加工を担当したタイ人作業者にやらせることにし、品管部からは穴位置寸法に余裕がないので研磨のしすぎに注意をした。また、加工品の検査担当から研磨できる量を指示したメモも渡された。

それにもかかわらずこの作業者は研磨しすぎて穴位置寸法がNGになってしまった。それも0.1mmも外れてしまった。傷であれば顧客の使い方によっては許容され特採される可能性もあったが、この寸法NGは致命的で作り直しとなった。

今日のポイント

なぜこのようなことになってしまったのだろうか?

作業者本人に話を聞くと研磨量よりも傷を消すことに主眼があるようだった。寸法がNGじゃ納品できないだろうと問いただすと、ちょっとの研磨では傷が残ってしまったのでさらに研磨したと言う。

どうも加工済み製品の保管状況などからそのタイ人作業者が工具か何かを製品の上に落して傷を付けたと思われた。これから推測するとこのタイ人作業者は自分が付けてしまった傷、すなわち自分のミスの痕跡を消したかった、それが再研磨の優先事項となっていたと思われた。

 

これはタイ人特有のことであろうか、それとも中国人でも同じようなことは起きるであろうか。いやいや日本人でもそういった状況になると同じ事をしてしまうのであろうか。あなたはどうお考えだろうか。

このようなことを想定して指示をより明確にすることも必要であろう。例えば、この指示した研磨量では傷が残ることもあるがその時はそれ以上研磨してはいけない。必ず報告し判断を仰ぐように、と。

また、傷は特採される可能性があるが、寸法NGは致命的となることを事前にきちんと説明しておくとか。でも2年半も加工の仕事をしているのだから、そんなこと今更言わなくてもわかっていると思いますよね、普通。

補足

この件ではもちろんタイ人作業者に対して注意、叱責をしたのですが、この会社の社長はこんなことを言っていた。

「彼は怒られたことはとても悲しいと思っている。しかし製品を不良にしてしまったことは悲しいと思っていないんだよな」

出典:中国工場での品質管理・品質改善


KPIマネジメント代表・チーフコンサルタント◎電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て香港・中国に駐在。現地においては、購入部材の品質管理責任者として購入部材仕入先品質指導及び品質改善指導。延べ100社に及ぶ仕入先工場の品質改善指導に奔走 ◎東京都/千葉県商工会連合会専門エキスパート(品質管理、製造業指導) GCS認定コーチ◎日本生産性本部経営アカデミー講師 名古屋外国語大学非常勤講師 セミナー/企業研修講師多数◎中国工場コンサルティング実績 日系中国工場品質改善及び管理体制の見直し(広東省)、中国企業品質管理体制の構築(福建省1社)、中国企業労務人事管理監査対応指導(パートナーコンサルタントと共同で実施:広東省1社)、米国D社の労務人事監査指摘事項への対応を指導、中国工場品質管理体制の構築(広東、大連など2社)、中国工場運営管理支援(広東1社)、外観検査の精度向上指導(広東1社)、中国生産委託先工場監査代行(広東1社) 国内工場管理の見直し及び製品コストダウン、外灯製造会社の5S指導、金属加工会社の品質管理・改善、生産性向上指導(1社)、金属加工会社の組織再構築、経営改革指導(1社)、板金塗装会社の5S指導(1社)、環境関連企業の新工場立ち上げ支援(1社)◎製造業向け社員研修実績 中国人管理者教育(広東、大連、厦門など3社)、コーチング研修(2社)、来日した中国企業スタッフ研修、中国赴任前研修(パソナ様)、若手社員向け中国工場の問題点と対処法(和歌山県工業技術センター様)、中国工場品質管理講座&異文化コミュニケーション(富士通テレコムネットワークス様)、仕入先様品質管理勉強会 テーマ:中国工場での品質管理の進め方(株式会社オートバックスセブン様)、中国への生産委託に伴う工程/品質管理のポイント(N社様、I社様) ◎著書 こうすれば失敗しない!中国工場の品質改善<虎の巻>(日刊工業新聞社)、雑誌「標準化と品質管理」2012年8月号特集記事執筆(日本規格協会)、外観検査の不良見逃し・ばらつき低減(技術情報協会・共同執筆)、通信教育講座「外観目視検査の進め方と留意点」担当講師(テキスト執筆、添削指導) ◎KPIマネジメント http://www.prestoimprove.com/index.html ブログ「中国工場での品質管理・品質改善」https://ameblo.jp/prestoimprove/