ものづくりニュース by aperza

臨床現場での即時検査が可能な遺伝子検査機器 ([MONOist])

2016/11/1 IT media

臨床現場での即時検査が可能な遺伝子検査機器 ([MONOist])

 ロシュ・ダイアグノスティックスはPOCT用遺伝子検査機器「コバス Liat」を、2016年9月22〜24日にパシフィコ横浜で開催された「JACLaS EXPO 2016 臨床検査機器・試薬・システム展示会」に出展した。同機器および試薬の価格は未定だが、2017年に発売予定としている。

 酵素反応を利用して少量のDNAを増加させるPCR法は、遺伝子検査のスタンダードとして世界中で用いられている。コバス Liatは、リアルタイムPCR法を用いた、POCT用の全自動遺伝子検査機器だ。POCT(Point of care testing)とは、臨床現場即時検査のことで、被験者の傍らで行うため検査を身近に感じられ、検査時間を短縮することができる。

 コバス Liatの操作は簡単で、検体を専用のアッセイチューブに滴下し、機器にセットするだけだ。30分以内に結果を表示する。チューブは個別包装のため、必要な時に必要な量だけ使用できる。また、寸法がW11.4×L24.1×H19.0cm、重量が3.76kgと、持ち運びしやすい軽量でコンパクトなデザインとなっている。

 コバス Liatは、これまで検査室の機器でしかできなかったPCR法を、ICUや外来、病棟などで、より迅速・簡便に検査できるよう開発された。



コバス Liat


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/