ものづくりニュース by aperza

缶コーヒーを飲むとストレスが低下? 清涼飲料水を飲んだ後の気持ちの変化...

2016/11/1 IT media

缶コーヒーを飲むとストレスが低下? 清涼飲料水を飲んだ後の気持ちの変化を可視化 ([MONOist])

 慶應義塾大学は2016年9月28日、独自の脳波測定システムを用いることで、清涼飲料水の飲用前後における「気持ち(感性)」の変化をリアルタイムに数値化することに成功したと発表した。同大学理工学部の満倉靖恵准教授らの研究チームとアサヒ飲料の共同研究によるもので、成果は同年5月13日の「第97回パターン計測研究会(計測自動制御学会)」で発表された。

 同研究では、満倉准教授と電通サイエンスジャムが共同開発した「感性アナライザ」を活用した。信号処理やパターン認識技術を応用したもので、ヘッドセットを付けて簡易的に計測した脳波を解析し、ストレス/好き/興味/集中などの感性指標を瞬時に評価する。

 今回研究チームは、週に1本以上缶コーヒーを飲用する30〜60歳の男性約100人を対象に、飲用前後における脳波データを収集した。感性アナライザを用いて、これをリアルタイムで解析したところ、缶コーヒー飲用後にストレスが有意に低下することを確認できた。

 また、試験試料として用いた4種類の缶コーヒーで、ストレス低下の割合が異なることも分かった。

 同研究グループは、「気持ち(感性)」は複数の脳波の組み合わせで定義できるという仮説に基づき、1999年から生体信号(脳波)の情報を詳細に分析し、気持ちに結び付ける研究に取り組んできた。今回の研究は、これらの研究成果を基礎としたもので、ストレス社会のソリューションの1つとして、缶コーヒーが機能している可能性を実証したとしている。



缶コーヒー飲用前後でのストレス度の比較


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/