ものづくりニュース by aperza

箕面市で市内全小中学生1万1000人を見守り (渡邊宏,[MONOis...

2016/10/31 IT media

箕面市で市内全小中学生1万1000人を見守り (渡邊宏,[MONOist])

 大阪府箕面市が市内の全小中学生(約1万1000人)を対象に、Bluetoothを利用した見守りサービスの実証実験を開始する。見守りサービスとして一般的なGPSではなく、Bluetoothを利用することで端末コストを下げ、導入を容易にする。

 この見守りサービスはottaの開発したシステムを利用するもので、小中学生に防犯ブザー付きのBluetooth発信端末を配布し、学校や公民館、コミュニティーバスなど公共施設・交通機関に設置されたGPS搭載の「検知ポイント」でBluetoothの信号を受信し、位置を確認する。

箕面市が実施する見守りサービスの概略

 Bluetoothのさほど長くない有効伝達距離をカバーし、検出精度と対象範囲を広げるため、スマートフォン用の検知アプリも配布する。アプリをインストールしたスマートフォンの近くに発信端末を持った小中学生がいると、その検知した情報はサーバに送信され、「スマートフォンにアプリを入れるだけで、地域の子ども見守り活動に参加できる」という仕組みを構築することで、より多くの参加者を募る。

見守りサービスで利用される、防犯ブザー付きBluetooth発信器「otto.b」。希望の家庭には、子どもの位置情報をスマートフォンから確認できるサービスを有料(月額300円 税別)で提供する

 2016年3月に箕面市内の全市立小中学校や公共施設、コミュニティーバスなど500カ所に検知ポイントを設け(ないしアプリをインストールしたスマートフォンの配布)、同年夏までに市内公立小中学校に通学する約1万1000人に見守り用のBluetooth端末を配布する。同時に市内住人に対して、「見守りアプリ」のインストールによる見守り活動へ参加を呼びかける。

 今後は実証実験の結果を検証しながら、認知症などで見守りが必要な市民にもBluetooth端末を配布し、高齢者向け見守り支援サービスについても実験対象を拡大していくとしている。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/