ものづくりニュース by aperza

産業用ロボットの動作軌道を自動生成するパスプランニング機能を開発 ([...

2016/11/1 IT media

産業用ロボットの動作軌道を自動生成するパスプランニング機能を開発 ([MONOist])

 安川電機は2016年6月13日、ロボットの導入を容易にするパスプランニング機能を開発したと発表した。同社のロボットシミュレーター「MotoSimEG-VRC」上で、ロボットの動作軌道を自動生成できる。

 今回同社では、MotoSimEG-VRC上で、ロボットの動作開始と終了姿勢、動作生成条件を入力すると、周辺障害物を回避した軌道を自動で生成する機能を開発。これにより、産業用ロボットに動作を教える「ティーチング」の時間を削減し、効率的な生産システムのセットアップや段取り換えが可能になるという。

 また、生成された軌道は、同社のロボットプログラミング言語で動作し、高速/高精度なプレイバックを可能としている。障害物を回避するだけでなく、障害物との間に任意の空間を保障しながら、タクトタイムの短い動作を高速に生成するため、シミュレーション環境と実際の環境に誤差があっても、安全にプレイバックできる。

 把持した対象物の姿勢を維持したまま軌道生成が可能で、液体を入れた容器の搬送にも対応する。さらに、ティーチングが難しいとされる双腕ロボットでも、左右のアームがぶつからないような軌道を簡単に生成できるという。

 同社では、頻繁に実験プロトコル(作業手順)の変更が発生し、その都度ロボットの動作プログラムを変更するケースが多いバイオメディカルロボットシステムや、部品配膳システムへの導入を想定して検証を進めるとしている。



パスプランニング機能のイメージ




クリアランス確保軌道生成




バイオメディカルシステムへの適用例




バラ積みワーク配膳作業への適用例

FAメルマガ 登録募集中!



FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/