ものづくりニュース by aperza

生産管理での考え方を日常生活に取り入れてみたら、キリがないということが...

生産管理での考え方を日常生活に取り入れてみたら、キリがないということがわかった。

セブ工場(通称CMI)での自分の業務は、主に生産管理に関わる仕事です。

生産管理では、

 

4M(Man=人員、Machine=設備、Material=部材、Method=方法)、

QCD(Quality=品質、Cost=コスト、Delivery=納期)、

フォーキャスト変更時の対応、人員・設備・スペースの稼働率、

 

その他にも色々なことが関わってきます。

これら全てを常に意識して、安定した生産を維持できるようにするのが……とても難しいです。

 

最近では、作業者が便所やクリニックへ行く回数・頻度、または作業者の休みが多い=転職を考えているのか? など、

このような内容に対しても、敏感に考えるようになりました。

そんなわけか、買い物や食事に行くたびに、「こんな考え方・見方」を持つようになりました。

 

近所のスーパーで買い物をしていた時には、

「何でこのお菓子は、値段が高いんだろう?」と思うことがよくあります。

これだけなら、他の人も言うかもしれません。

 

しかし、自分の場合は、

「何か特殊な材料を使っているのだろうか?」「いや、単純に包装用紙に金をかけているだけなのではないか?」

「製造単価は安くても、販管にかかるコストが高いのかな? だったら、調理器具・設備(償却)?」

 

……などと考えてしまうのです。

逆に値段が安くなった場合は、こんな考えが頭をよぎってしまいます。

「あれ、工数削減でもしたのかな?」「安い材料への変更?だったら品質はどうなんだろう?」「出荷方法を変えたのかな?」

 

はたまた、会社のみんなと行くラーメン屋では、こんなことを思ってしまいます。

 

「え、何でこんなに多くのスタッフがいるの? 半分以上のスタッフはIdle・NoWIP状態じゃん……」

「あ、もしかして2号店を開くために教育してるのかな?」

「この部屋は、夜のガソリンスタンド以上に明るいよなぁ~。フィリピンの電気代って、かなり高いはずなのに……」

 

「麺は自家製なんだ。じゃぁ原材料費はどれ位かかっているのかな?」

「……ということは、このラーメン屋は月にXXXぐらいの売上が無いと、トントンにならないんじゃないかな?」

「……ってことは、ラーメン1杯に掛かるこの値段は高い?安い?」

 

……職業病でしょうか。(笑)

こんな考えを持つ人は、他にいませんか??

 

南国の坊主@CMI


創業40年の製造業。ダイヤモンド事業からスタートしたテクダイヤは、会社本来の「人好き」が作用し、人との出会いを繰り返しながら業態変化を続ける。 現在はセラミック応用技術・精密機械加工技術・ダイヤモンド加工技術をコアとしながら先端技術のものづくりを支える。スマホやデータセンターなどの通信市場、更にはNASAやバイオ領域にも進出中。