ものづくりニュース by aperza

毎分1cmの超高速造形を実現する3Dプリンタ (八木沢篤,[MONOi...

2016/10/31 IT media

毎分1cmの超高速造形を実現する3Dプリンタ (八木沢篤,[MONOist])

 韓国の3DプリンタメーカーであるCarima(カリマ)は、2016年1月27〜29日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「3D Printing 2016」に出展。毎分1cmの造形を実現可能にする独自技術「C-CAT(Carima-Continuous Additive 3D Printing Technology)」を搭載した、DLP方式3Dプリンタ「imp」の展示デモを披露した。

独自技術「C-CAT」を搭載したDLP方式3Dプリンタ「imp」 ※クリックで拡大

 C-CATは、複数角度から連続して硬化断面画像を作り出して、樹脂を硬化させていく技術で、一般的なDLP方式3Dプリンタと比べて高速に造形できるという。同社の説明によると「従来のDLP方式3Dプリンタが毎時2〜3cm程度造形できるのに対し、C-CATを搭載したDLP方式3Dプリンタであれば毎時60cmの造形が行える。最小積層ピッチは1μm(0.001mm)。Carimaが展開する既存のDLP方式3DプリンタにC-CATを組み込んで展開することも可能だ」という。

(左)「C-CAT」の概要について/(右)メニューの日本語化も ※クリックで拡大
(左)「C-CAT」の概要について/(右)メニューの日本語化も ※クリックで拡大

 今回の展示会では、ジュエリー製作向けに提供するDLP方式3Dプリンタimpに、C-CATを搭載した試作モデルを出品。「参考展示ということで、造形サイズも小さい(77×44×150mm)impにC-CATを搭載してみた。日本での展開も計画中で、メニューやマニュアルの日本語化なども進めている」(説明員)。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/