ものづくりニュース by aperza

機械系CADと建築系CADを融合した設計製造業向けソリューション提供へ...

2016/11/1 IT media

機械系CADと建築系CADを融合した設計製造業向けソリューション提供へ ([MONOist])

 キヤノンITソリューションズは2016年5月18日、機械系CADのSOLIDWORKSと建築系CADのVectorworksを融合した設計製造業向けCADソリューションを提供開始すると発表した。建築設計業や機械製造業に向けて5月30日より販売開始する。

 同ソリューションは、機械系CADのSOLIDWORKSと建築系CADのVectorworksが同じコアエンジンを利用している特性を生かし、共通のFile形式「Parasolid X_T」を採用。双方のデータ取り込みをスムーズにしている。

 具体的には、機械系CADのSOLIDWORKSで備品のCADデータを作成し、建築系CADのVectorworksで作成したレイアウト図面やパース図に取り込むことで、想定した空間やシーンに合わせた商品のレイアウト図面を簡単に作成できるようになる。

 ソリューション構成は、CADパッケージソフトウェア(SOLIDWORKS、Vectorworks)、導入支援サービス、初期教育、保守など。販売価格は150万円(税別)から。




製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/