ものづくりニュース by aperza

構造物の内部劣化を精度よく診断、東芝が開発 (馬本隆綱,[EE Tim...

構造物の内部劣化を精度よく診断、東芝が開発 (馬本隆綱,[EE Times Japan])

老朽化などによる不具合箇所を効率よく早期に発見

 東芝は2016年8月、コンクリート構造物の内部劣化を非破壊で精度よく診断する技術を、京都大学大学院の塩谷智基特定教授と共同開発したと発表した。破損している場所も高い精度で求めることができる。

 開発した技術は、アコースティックエミッション(AE)と呼ばれる手法を使い、表面からは確認できない、構造物内部のひび割れ位置などを可視化することができる。具体的には、高速道路橋などのコンクリート構造物にAEセンサーを設置しておく。このAEセンサーで収集したデータを分析し、構造物内部に生じたひび割れの場所などを推定して可視化する。

 コンクリート床版などに取り付けられたAEセンサーは、構造物内部の損傷部から発生する波動を検知する。複数のAEセンサーからのデータを収集し分析することで、波動の発生源や構造物の内部を伝搬する波動の特性を求め、その密度分布や速度分布を可視化する。これらのデータから、コンクリート構造物の内部に生じたひび割れや損傷、劣化の位置を精度よく求めることができるという。



AE波動が到達する時間差から、AE発生源の密度分布を可視化した例(左)と、AE波動がコンクリート構造物内部を伝搬する速度分布を可視化した例(右) 出典:東芝


 実際に橋梁から切り出したコンクリート床版を使って、開発した技術を検証したところ、損傷状況や位置がほぼ一致しており、AEセンサーによる非破壊検査の有用性を確認することができたという。

 開発した技術の詳細について東芝は、土木学会全国大会(会場:東北大学)で2016年9月9日に発表する。また、MEMSセンシング&ネットワークシステム展(2016年9月14〜16日、パシフィコ横浜)でも紹介する。なお、開発した技術は実証を引き続き行い、近い将来の市場投入を目指している。社会インフラ構造物の老朽化が顕在化する中で、開発した診断技術を用いると、効率よく早期に発見することが可能になるという。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/